トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成31年 令和元年(2019年) > 12月 > 都政課題解決に向けたスタートアップピッチイベント開催

ここから本文です。

報道発表資料  2019年12月02日  産業労働局

UPGRADE with TOKYO
都政課題の解決に向けたスタートアップのピッチイベントを開催

東京が抱える様々な都政課題を解決するためには、民間から新たに生まれたこれまでにない画期的な製品・サービスを活用することが重要です。
そこで、都政課題の解決に資するこれまでにない製品・サービスを提供するスタートアップによるピッチイベントを開催し、行政機関、VCや企業等との交流の場を創出するイベントを以下のとおり開催します。
本日から、本イベントに参加するスタートアップ及び一般来場者を募集します。
ピッチ審査で審査委員から優秀と認められたスタートアップは、事業の協働等に向けて審査委員と具体的な交渉を進めるきっかけを持つことができます。ぜひご応募ください。

ロゴ画像

第一回イベント概要(予定)

日時

令和元年12月20日(金曜日)14時00分~17時00分

会場

Startup Hub Tokyo イベントスペース
(千代田区丸の内2-1-1 TOKYO創業ステーション1階)

主な内容

  1. 主催者挨拶
  2. 審査委員紹介
    ※別紙 外部審査委員(PDF:285KB)
  3. テーマ設定の狙い
  4. スタートアップによるピッチ(5社を予定)
  5. 審査委員講評及び審査委員とのマッチング結果発表
  6. フォトセッション
  7. ネットワーキング

ピッチへの参加方法

募集期間

令和元年12月2日(月曜日)~12月9日(月曜日) 正午

主な応募対象

応募条件は、以下のとおりです。応募には、業種の制限はありません。

  • 創業後10年未満(新製品・サービスのリリース後10年未満の第二創業も含む)
    (注)一般社団法人、合同会社、個人事業主、NPO等も含みます。
  • 応募テーマに合致した製品・サービスを有していること
  • 公序良俗に反する事業を行うなど、東京都が支援することが適さないと判断した企業等ではないこと。

応募テーマ

VR、AR、5G、ビックデータ、AI等の最先端技術を活用して行う次のいずれかの取組

  1. 誰もが快適にまち歩きや観光を楽しめる環境整備
    例:多言語対応、観光案内所、キャッシュレス、食事(ムスリム、ビーガン)対応など
  2. 世界の旅行者を楽しませる旅行体験の創出
    例:観光型MaaS、VR・ARを活用した歴史的建造物の再現など
  3. 東京の効果的な観光プロモーション
    例:ビッグデータ活用による情報発信など

主な審査基準

次のような観点で審査し、5社を選出します。

  • 製品・サービスが上記応募テーマに合致しているか
  • 製品・サービスに新規性、独創性があるか。ソーシャルインパクトがあるか
  • 財務状況等に問題がなく、都政課題の解決の実現可能性があるか

応募方法等

公式ホームページ(外部サイトへリンク)を参照の上、申し込んでください。

QRコードの画像

一般参加者の応募方法

募集期間

令和元年12月2日~12月13日

応募資格

特になし。ただし、スタートアップとの協働を目指すVC、企業等の方からの応募を優先します。

定員

定員50名
※定員を超えた応募があった場合は、応募者の属性を踏まえて参加者を決定し、12月16日までに応募者全員に参加の可否をご連絡します。

応募方法等

公式ホームページ(外部サイトへリンク)を参照の上、申し込んでください。

問い合わせ先
産業労働局商工部創業支援課
電話 03-5320-7572

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.