トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成31年 令和元年(2019年) > 11月 > 「隅田川怒涛」会期決定及び一部プログラム参加者募集

ここから本文です。

報道発表資料  2019年11月26日  生活文化局, 公益財団法人東京都歴史文化財団

Tokyo Tokyo FESTIVALスペシャル13
「隅田川怒涛」会期決定及び一部プログラム参加者募集のお知らせ

ロゴ画像

東京都と公益財団法人東京都歴史文化財団は、Tokyo Tokyo FESTIVALの一環として、「隅田川怒涛」を実施します。本事業は、2020年に向けて新たな企画アイデアを広く一般から募集し、応募総数2,436件の中から選ばれた13企画「Tokyo Tokyo FESTIVALスペシャル13」の一つであり、江戸期の華やかな「営み」の場であった隅田川を一つの舞台として見立て、「春」、「夏」の2期にわたって展開する音楽・アートフェスティバルです。
この度、会期及び一部プログラムが決まりましたので、下記のとおり、お知らせします。また、プログラムの一つ「ほくさい音楽博」に参加する子供たちも募集します。

メインビジュアルの画像

1 会期


  • 令和2年(2020年)4月13日(月曜日)から4月19日(日曜日)まで

  • 令和2年(2020年)8月17日(月曜日)から8月23日(日曜日)まで

2 開催内容

隅田川流域の船着場とその周辺の施設や公園等を使って、世界的に活躍するアーティスト達による音楽パフォーマンス、パレード、インスタレーションなど約15の多様なプログラムを展開。

プログラム例

  1.  「エレクトロニコス・ファンタスティコス!(仮)」
    アーティストの和田永が中心となり、使われなくなった電化製品を新たな電子楽器として演奏。参加者が体験できる展示コーナーも設置予定。
  2. 「ほくさい音楽博」
    ガムランや和楽器等国内外の音楽を子供たちが体験して発表する演奏会。
  3.  「BLOOMING EASTプロジェクト(仮)」
    コムアイ(水曜日のカンパネラ)が在京外国人と共に表現するプロジェクト。

※詳細は別紙(PDF:372KB)のとおり
※その他のプログラムは後日発表予定

3 主催

東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団

4 後援(予定)

中央区、台東区、墨田区、江東区、荒川区、足立区、公益財団法人東京都公園協会

「Tokyo Tokyo FESTIVAL」とは

オリンピック・パラリンピックが開催される2020年に向けて東京を文化の面から盛り上げるため、多彩な文化プログラムを展開し、芸術文化都市東京の魅力を伝える取組です。

QRコードの画像1

Tokyo Tokyo FESTIVAL公式ホームページ(外部サイトへリンク)

「Tokyo Tokyo FESTIVAL スペシャル13」とは

斬新で独創的な企画や、より多くの人々が参加できる企画を幅広く募り、Tokyo Tokyo FESTIVALの中核を彩る事業として、東京都及び公益財団法人東京都歴史文化財団アーツカウンシル東京が実施するものです。
国内外から応募のあった2,436件から選定した13の企画を、「Tokyo Tokyo FESTIVAL スペシャル13」と総称し、オリンピック・パラリンピックが開催される2020年に向けて、順次展開していきます。

QRコードの画像2

Tokyo Tokyo FESTIVALスペシャル13公式ホームページ(外部サイトへリンク)

「2020年に向けた実行プラン」事業
本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「スマート シティ 政策の柱8 芸術文化の振興」

本件は、「ホストシティTokyoプロジェクト」に係る事業です。
「カテゴリー:魅力発信 プロジェクト名:東京文化プログラムの拡充・推進」

問い合わせ先
生活文化局文化振興部企画調整課
電話 03-5320-7736
公益財団法人東京都歴史文化財団アーツカウンシル東京
電話 03-6256-8432

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.