トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成31年 令和元年(2019年) > 10月 > 東京2020大会開催時の発注工事に関する取組方針を策定

ここから本文です。

報道発表資料  2019年10月18日  オリンピック・パラリンピック準備局, 都市整備局

スムーズビズ関連事業
「東京2020大会開催時における都庁発注工事の調整に関する取組方針(2019.10版)」を策定しました

ロゴ画像

東京都は、快適な通勤環境や企業の生産性の向上を図る新しいワークスタイルや企業活動の東京モデルを「スムーズビズ」とし、全ての人々がいきいきと働き、活躍できる社会の実現に向け、2020大会の交通混雑緩和に向けた交通需要マネジメント(TDM)とテレワーク、時差Bizなどの取組を一体的に推進しています。
このたび、大会期間中の交通混雑緩和に向けた都庁の取組「都庁2020アクションプラン」の取組の一つである都庁発注工事の調整について、今夏の工事調整の試行や、「会場周辺交通対策(2019.10)」の取りまとめなどの大会輸送計画の進捗状況等を踏まえ、下記のとおり、本年4月12日に公表した取組方針を更新しましたので、お知らせいたします。

1 東京2020大会開催時における都庁発注工事の調整に関する取組方針(2019.10版)

(1) 主な変更内容

対象期間の変更

工事調整を行う期間を、大会前の7月20日からに変更

  • 日中の路上工事を避け、車両数を削減する期間
    7月20日(月曜日)~8月10日(月曜日)、8月25日(火曜日)~9月6日(日曜日)の計35日間
  • 路上工事以外の施設工事等で車両数を削減する期間
    7月20日(月曜日)~8月10日(月曜日)、8月25日(火曜日)~9月6日(日曜日)の計35日間の土曜日・日曜日を除く計25日間

対象エリアと取組内容の変更 

参考1)(PDF:468KB)

  • 大会関係地域
    大会関係地域(1)[関係者輸送ルート(ORN・PRN)、観客輸送ルート、競技会場周辺(通行規制道路・迂回道路・迂回道路内)]と大会関係地域(2)[重点取組地区16地区(大会関係地域(1)を除く)]にエリアを分割
  • 区部(会場・ORN等がある区内)
    環状7号線の内側・外側にエリアを分割
  • 多摩地域(圏央道内側)
    混雑回避の取組実施に変更 等

(2) 今回新規で追加した内容

  • 都庁発注工事の調整に関する基本的な考え方を明記
  • 海の森水上競技場に近接する建設発生土受入施設の調整
  • 工事関係事業者への協力依頼 別添2)(PDF:1,550KB)
  • 競技会場周辺において路上工事(道路占用工事等)を抑制していただきたい路線・エリア・時間を明示 別添3)(PDF:4,388KB)
    ※別添3)は参考抜粋として、オリンピックスタジアム(新国立競技場)・東京体育館、カヌ―・スラロームセンターの会場の図面を添付しています。
    都内各競技会場周辺における図面は、「2020TDM推進プロジェクト」ホームページ(外部サイトへリンク)に掲載しています。

「2020年に向けた実行プラン」事業
本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。

問い合わせ先
(「都庁発注工事の調整に関する取組方針(2019.10版)」に関すること)
オリンピック・パラリンピック準備局大会施設部輸送課
電話 03-5320-4245
(大会時の建設発生土の受入調整に関すること)

  • 建設発生土再利用センター
    都市整備局都市づくり政策部広域調整課
    電話 03-5388-3231
  • 中防内側受入基地、新海面処分場
    港湾局臨海開発部開発整備課
    電話 03-5320-5570

(「スムーズビズ」に関すること)
都市整備局都市基盤部調整課
電話 03-5388-3317

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.