ここから本文です。

報道発表資料  2019年09月26日  産業労働局, 第32回東京国際映画祭実行委員会

令和元年10月28日(月曜日)~11月5日(火曜日)
第32回東京国際映画祭 開催!

東京国際映画祭(TIFF)は、日本唯一の国際映画製作者連盟公認の映画祭であり、アジア最大級の映画の祭典です。東京都は、映画祭開催都市として本映画祭を支援しており、コンペティション部門を共催するとともに、最高賞である「東京グランプリ」作品に都知事賞を授与しています。
また、平成28年度から若い世代に向けた魅力的な作品を紹介するとともに、映画制作のワークショップ等を実施するユース部門についても共催しています。

イベントのロゴ画像

第32回東京国際映画祭開催概要

開催期間

10月28日(月曜日)~11月5日(火曜日)

会場

六本木ヒルズ、EXシアター六本木(港区)、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場(千代田区)ほか

主催

公益財団法人ユニジャパン(第32回東京国際映画祭実行委員会)

共催

経済産業省(TIFFプラス)
国際交流基金アジアセンター(アジア映画交流事業)
東京都(コンペティション部門、ユース部門)

コンペティション部門のノミネート作品が決定

今年のコンペティション部門ノミネート作品は14作品。このうち、日本からは2作品が選出され、世界中からの出品作品と「東京グランプリ」を競います。

『喜劇 愛妻物語』

  • 監督
    足立紳
  • 出演
    濱田岳/水川あさみ/新津ちせ

『百円の恋』で数々の映画賞を受賞した足立紳が自身初の自伝的小説「喜劇 愛妻物語」を原作に、自身による脚本・監督で映画化を果たした作品。売れない脚本家と、夫に悪態をつき続ける恐妻が繰り広げる夫婦賛歌。

作品イメージの画像1

(C)2020『喜劇 愛妻物語』製作委員会

『ばるぼら』

  • 監督
    手塚眞
  • 出演
    稲垣吾郎/二階堂ふみ/渋川清彦

禁断の愛とミステリー、芸術とエロス、スキャンダル、オカルティズムなど、様々なタブーに挑戦した問題作。その独特な世界感から“映画化不可能”と言われた本作が、とうとう手塚治虫生誕90周年を記念し初映像化。

作品イメージの画像2

(C)Barbara Film Committee

オープニング作品・GALAスクリーニング作品の上映が決定

オープニング作品『男はつらいよ お帰り 寅さん』

  • 監督
    山田洋次
  • 出演
    渥美清/倍賞千恵子/吉岡秀隆

生誕50周年を迎える大人気シリーズ「男はつらいよ」。最新作は、新撮された“今”と、4Kデジタル修復されたシリーズ映像が紡ぎ合う、新たなる「男はつらいよ」の物語。小説家になった満男に、伯父・寅次郎への想いが蘇る。

作品イメージの画像3

(C)2019松竹株式会社

GALAスクリーニング作品『カツベン!』

  • 監督
    周防正行
  • 出演
    成田凌/黒島結菜

『Shall we ダンス?』や『それでもボクはやってない』など数々の名作を生み出してきた周防正行監督が、しゃべりのスペシャリスト“活動弁士”をテーマに描く、笑って、泣ける、極上エンタテインメント。

作品イメージの画像4

(C)2019「カツベン!」製作委員会

ユース部門の上映イベントが決定

主な上映イベントの紹介

「山崎バニラの活弁小絵巻2019」

声優としても活躍する活弁士・山崎バニラ氏による活弁ライブを開催します。活弁に、大正琴とピアノの弾き語りを織り交ぜたサイレント映画を是非ご覧下さい。

『動物オリンピック大会』

(1928,1932年・日本/8分)

作品イメージの画像5

『初陣ハリー』

(1926年・アメリカ/53分)

作品イメージの画像6

「TIFFティーンズ映画教室2019」作品上映会

特別企画として、中学生を対象とした映画制作のワークショップを夏期に開催しました。第30回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門において『ひかりの歌』がワールド・プレミアとして上映された杉田協士監督を特別講師に迎え、プロット作りから撮影・編集など全過程に取り組んだ映画は、会期中特別上映されます。

野外会場で特別無料上映を実施

毎年ご好評いただいております“入場無料”の野外上映を今年も映画祭の会期中に実施します。本年度も「六本木ヒルズアリーナ」と「東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場」の2つの会場にて、巨大ビジョンでの無料上映を楽しむことができます。
内容や日程などの詳細はホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

※雨天・荒天の場合は、当日ホームページで中止を告知します。

詳細は、映画祭公式ホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

QRコードの画像

問い合わせ先
(東京都の映画祭支援に関すること)
産業労働局観光部振興課
電話 03-5320-4786
(本映画祭に関すること)
第32回東京国際映画祭実行委員会(事務局)プロモーショングループ
電話 03-6226-3012

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.