ここから本文です。

報道発表資料  2019年09月18日  福祉保健局

9月24日~9月30日は結核予防週間です

毎年9月24日から9月30日までは「結核予防週間」です。結核は医療や生活水準の向上により新規患者数が減少傾向にあるものの、近年も新たな患者が発生しており、日本は世界的にみて「結核中まん延国」の位置づけとなっています。結核の予防・早期発見のためには、年1回の胸部エックス線検査や医療機関への早期受診が大切です。
東京都では、結核予防週間にあわせて、結核予防に関する普及啓発事業や、無料結核健診を実施します。この機会に、結核に関する正しい知識を身に付けましょう。

結核予防週間の取組

啓発画像の放映

9月19日(木曜日)~30日(月曜日)
新宿駅西口、都庁第一本庁舎2階のデジタルサイネージで、結核啓発画像を放映します。

啓発グッズの配布・無料健診の実施

9月28日(土曜日)13時00分~16時00分
秋葉原UDXサボニウス広場(千代田区外神田4-14-1、秋葉原駅 徒歩3分)

  • 公益財団法人東京都結核予防会との共催により、結核の啓発グッズ(リーフレット、ボールペン等)を配布します。
  • 胸部エックス線検査撮影検診車による無料結核健診を行います。【注1】

【注1】無料結核健診は、令和2年3月にも実施予定です。決まり次第、福祉保健局のホームページでご案内します。

都庁舎のライトアップ

9月24日(火曜日)~30日(月曜日)18時00分~23時00分
都庁第一本庁舎の壁面を、金赤色にライトアップします。

啓発画像

結核予防週間啓発画像

ライトアップの様子の写真

都庁舎のライトアップ(昨年度)

参考

結核とは

結核は、結核菌を吸い込むことによっておこる感染症です。症状は「咳」「たん」「発熱」など風邪とよく似ていますが、症状が長引くことが特徴です。高齢者ははっきりと症状が現れないこともあります。

平成30年の東京都の結核患者発生状況

  • 新規登録患者数は、1,970人です。
  • 人口10万人あたりの結核罹り患率(14.3)【注2】は減少傾向ですが、全国(12.3)【注2】より高い状況です。

グラフの画像

  • 65歳以上の占める割合が半数以上(52.7%)です。
  • 20~39歳の占める割合(22.8%)が全国(13.8%)【注2】と比較して多いことが特徴です。
  • 外国出生者の占める割合(17.2%)が増加傾向で、全国(10.7%)【注2】より高い状況が続いています。

【注2】出典:厚生労働省「平成30年結核登録者情報調査年報集計結果」

予防・早期発見のために

結核は適切に服薬治療を行えば治る病気ですが、100%感染を予防することは困難です。結核の早期発見のためには健診を受けることが重要です。また、高齢者は「咳」、「たん」等の症状が出ないこともあるため、食欲低下、体重減少などの症状にも注意が必要です。
結核の早期発見は重症化を防ぐだけでなく、周囲への感染の予防にもつながります。

  • 年1回は、学校・職場の健診、住民健診等で胸部エックス線検査を受けましょう。
  • 咳が2週間以上続く場合は、医療機関を受診しましょう。

結核予防週間とは

厚生労働省は、毎年9月24日から9月30日までを「結核予防週間」と定めて、結核に関する正しい知識の普及啓発を図ることとしています。

問い合わせ先
(普及啓発(啓発画像放映及び啓発グッズの配布)に関すること)
健康安全研究センター企画調整部健康危機管理情報課
電話 03-5937-1086
(無料結核健診、都庁舎のライトアップに関すること)
福祉保健局健康安全部感染症対策課
電話 03-5320-4483

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.