トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成31年 令和元年(2019年) > 8月 > 里親制度 周知動画作成・啓発キャラクターの名前募集

ここから本文です。

報道発表資料  2019年08月28日  福祉保健局

里親制度を周知する動画を作成しました!
里親制度の普及・啓発のための様々な取組を行います

様々な事情により親元で暮らすことのできない子供は、都内に約4,000人います。そのような子供を自らの家庭に迎え入れ、家庭的な環境で育てるのが「里親」です。東京都では、里親制度について理解と関心を深めていただくため、毎年10月と11月を「里親月間」とし、この期間を中心に様々な啓発活動に取り組んでいます。
本年は、新たな取組として、里親月間が始まるにあたってその制度を周知する動画を作成するとともに、里親制度のPRキャラクターを作成しました。皆様のご意見をもとにキャラクターの名前を決定しますので、ぜひご応募ください。また、里親の子育て体験談等を聞くことのできるイベントも実施しますので、多くの方のご参加をお待ちしています。

1 里親制度についての啓発動画を配信します

15秒版と30秒版の2種類を作成しています。
「東京都里親制度普及啓発キャラクター」のペンギンたちと、児童養護施設出身のモデル・田中麗華さんが登場し、里親制度について解説します。

動画のイメージ画像1

動画のイメージ画像2

主な広報予定

※上記以外にも、各種Webメディアで動画配信を行うほか、関連イベントなどで幅広く活用していきます。

2 「東京都里親制度普及啓発キャラクター」に名前をつけてください

このたび、新たに「東京都里親制度普及啓発キャラクター」を作成しました。
皆様のご意見をもとに名前を決定しますので、3つの名前の候補(別紙(PDF:404KB)参照)から最もよいと思われるものを選び、ご応募ください!

キャラクターの画像

キャラクターに込められた思い

ペンギンは子煩悩な動物で、オスとメス、群れで協力してヒナを守り、子育てをします。ペンギンのコミュニティがヒナを守り育てるように、里親制度においても、里親や社会が手を取り合いながら子育てをしていくこと、里親がごく普通のこととして受け入れられるような社会になるようにという願いを込めています。

募集内容

7匹のペンギンに「○○○○・ファミリー」という名前がつきます。
「○○○○」に入る名前として最もよいと思われるものを、以下の候補から選んでください。

名前の候補: 1)さとぺん 2)ハペネス 3)さとっぺ

応募方法

  • Eメールにてご応募ください。応募は1人1回までです。
    また、件名に「キャラクター名の応募について」と記載してください。
    詳細は、別添チラシ(PDF:404KB)又は福祉保健局ホームページをご覧ください。
    応募先メールアドレス:S0000195(at)section.metro.tokyo.jp
    ※迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を変更しております。お手数ですが、(at)を@に置き換えてご利用ください。
  • 「養育家庭(里親)体験発表会」(別紙(PDF:478KB)参照)の会場でも応募を受け付けています。

募集期間

令和元年9月2日(月曜日)から令和元年11月30日(土曜日)まで

名前の発表

令和元年12月中に、福祉保健局ホームページで発表する予定です。

3 養育家庭(里親)体験発表会を実施します

里親月間を中心に、養育家庭(里親)の子育て体験談などを聞くことができる発表会を開催します。養育家庭として子供を養育した経験を持つ方々に、子育てにまつわるエピソード、子育ての喜びや苦労を語っていただくほか、養育家庭で育った元里子の方にも経験をお話しいただきます。

内容(会場によって異なります。)

  • 養育家庭制度の説明
  • 養育家庭として子供を養育した経験のある方や元里子の方からの体験発表
  • 相談コーナー 他

対象者

養育家庭制度に興味をお持ちの方、子育て中の方、児童福祉に関心のある方など

開催日時・場所

都内52会場で開催します。詳細は別添チラシ(PDF:478KB)をご覧ください。

参加方法

  • 参加費は無料です。
  • 会場によって、事前申し込みが必要な場合があります。別添チラシ(PDF:478KB)の予定表をご確認の上、申し込みが必要な場合は各会場まで直接ご連絡ください。
問い合わせ先
福祉保健局少子社会対策部育成支援課
電話 03-5320-4135

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.