トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成31年 令和元年(2019年) > 8月 > 「パビリオン・トウキョウ2020」参加建築家等を決定

ここから本文です。

報道発表資料  2019年08月23日  生活文化局, 公益財団法人東京都歴史文化財団

Tokyo Tokyo FESTIVAL スペシャル13
「パビリオン・トウキョウ2020」参加建築家・アーティスト決定のお知らせ

ロゴ画像

東京都と公益財団法人東京都歴史文化財団は、Tokyo Tokyo FESTIVALの一環として、「パビリオン・トウキョウ2020」を実施します。本事業は、2020年に向けて新たな企画アイデアを広く一般から募集し、応募総数2,436件の中から選ばれた13企画「Tokyo Tokyo FESTIVAL スペシャル13」の一つです。
「パビリオン・トウキョウ2020」は2020年の夏に、世界各地で活躍し注目を集めている7名の日本人建築家・アーティストが設計した独自のパビリオンを都内各所に設置し、未来の建築やアートとして紹介するプロジェクトです。
この度、参加建築家・アーティスト及び開催概要が決まりましたので、お知らせいたします。

プロジェクト案の画像1

「焼杉のひさし」(仮称) 設計:石上純也<本プロジェクト案>

プロジェクト案の画像2

「茶室 2020」 設計:藤森照信<本プロジェクト案>

開催概要

1 会期

令和2年(2020年)6月6日(土曜日)から 同年9月13日(日曜日)まで(100日間)

2 会場

新国立競技場を中心とする半径約3キロメートル圏内を予定
※詳細は後日発表

3 参加建築家等

石上純也、妹島和世、平田晃久、藤本壮介、藤森照信、藤原徹平、会田誠
※建築家、アーティスト各五十音順

4 主催

東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団、パビリオン・トウキョウ2020実行委員会

※今後も制作過程などをホームページ等で随時公開していきます。

※別添 参加建築家・アーティスト プロフィール及びパビリオンプラン(PDF:492KB)

「Tokyo Tokyo FESTIVAL」とは

オリンピック・パラリンピックが開催される2020年に向けて東京を文化の面から盛り上げるため、多彩な文化プログラムを展開し、芸術文化都市東京の魅力を伝える取組です。

QRコードの画像1

「Tokyo Tokyo FESTIVAL」公式ホームページ(外部サイトへリンク)

「Tokyo Tokyo FESTIVAL スペシャル13」とは

斬新で独創的な企画や、より多くの人々が参加できる企画を幅広く募り、Tokyo Tokyo FESTIVALの中核を彩る事業として、東京都及び公益財団法人東京都歴史文化財団アーツカウンシル東京が実施するものです。
国内外から応募のあった2,436件から選定した13の企画を、「Tokyo Tokyo FESTIVAL スペシャル13」と総称し、オリンピック・パラリンピックが開催される2020年に向けて、順次展開していきます。

QRコードの画像2

「Tokyo Tokyo FESTIVAL スペシャル13」ホームページ(外部サイトへリンク)

「2020年に向けた実行プラン」事業
本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「スマート シティ 政策の柱8 芸術文化の振興」

本件は、「ホストシティTokyoプロジェクト」に係る事業です。
「カテゴリー:魅力発信 プロジェクト名:東京文化プログラムの拡充・推進」

問い合わせ先
生活文化局文化振興部企画調整課
電話 03-5320-7736
公益財団法人東京都歴史文化財団アーツカウンシル東京
電話 03-6256-8432

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.