トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成31年 令和元年(2019年) > 7月 > 自転車の安全で適正な利用促進に向けた専門家会議報告書

ここから本文です。

報道発表資料  2019年07月09日  都民安全推進本部

自転車の安全で適正な利用の促進に向けた専門家会議報告書について

東京都は、自転車が関連する近年の交通事故の発生状況等を受け、自転車の安全で適正な利用の促進に向けて求められる対策等を検討するため、本年5月に学識経験者や専門家を委員とした「自転車の安全で適正な利用の促進に向けた専門家会議」を設置しました。
本会議では、「東京都自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例」の改正も視野に入れ、自転車の安全で適正な利用の促進に向けて求められる対策等について意見をいただきました。
この度、その内容を報告書(別添)(PDF:497KB)にまとめましたので、お知らせします。

1 報告書の主な内容(意見の要旨等)

都内の自転車の安全で適正な利用の促進に向けた課題

都が優先的に取り組むべき課題

  • 自転車損害賠償保険等への加入促進
  • 免許を返納した高齢者に対する自転車安全教育
  • ヘルメットや反射材等の安全器具活用促進

具体的な対応策について(「条例化が望ましい事項」を抜粋)

自転車損害賠償保険等への加入義務付け

  • 都内の自転車関連事故件数は大幅に減少してきたものの、近年は増加傾向となっており、自転車を原因とした大きな事故が関東近県でも起こっていることから、自転車損害賠償保険等への加入促進に向けた取組が必要である。
  • 自転車損害賠償保険等への加入が義務付けられることによって、自転車は車両であるという意識が高まり、そのことが自転車安全利用の推進に繋がる。
  • 自転車損害賠償保険等への加入が義務付けられることによって、自転車損害賠償保険等に対する意識が高まり、自転車損害賠償保険等への加入促進に繋がる。
  • 都として自転車損害賠償保険等への加入を義務付けるべきである。

2 専門家会議委員

別紙「委員名簿」(PDF:224KB)のとおり

3 報告書に対する都の対応

条例化が望ましいとされた事項については、本日発表の「「東京都自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例」の改正に関する意見募集について」に反映しています。
また、具体的な対応策に関する事項については、今後の施策の効果的な実施や展開に活かしてまいります。

「2020年に向けた実行プラン」事業
本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「スマート シティ 政策の柱5 交通・物流ネットワークの形成」

問い合わせ先
都民安全推進本部総合推進部交通安全課
電話 03-5388-3127

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.