ここから本文です。

報道発表資料  2019年07月05日  生活文化局, 公益財団法人東京都歴史文化財団

江戸東京博物館及び江戸東京たてもの園におけるFUROSHIKI TOKYO展の開催について

ロゴの画像

2018年秋、東京都はパリ市庁舎前広場に大きな風呂敷包みを贈り、風呂敷の展示やインスタレーション、ワークショップを通して風呂敷の魅力を世界に発信しました。このたび、江戸東京博物館と分館の江戸東京たてもの園では、六本木アートナイトにおける展示に続き、第2弾のFUROSHIKI TOKYO展を開催いたします。
今回、パリで展示されたアーティストによるオリジナル風呂敷を全点公開し、「一枚の布を多様な用途で繰り返し使用する」日本人の知恵と美意識、芸術・文化の魅力を発信するとともに、環境や防災等といった多様な面で役立つ風呂敷の魅力を伝える報告展を行います。

ふろしきの画像1

(c)Jean Paul Gaultier

ふろしきの画像2

(c)YAYOI KUSAMA

ふろしきの画像3

(c)TAKESHI KITANO

FUROSHIKI TOKYO展 開催概要

江戸東京博物館

日程

2019年7月23日(火曜日)~8月25日(日曜日)

場所

常設展示室5階 江戸の美コーナー
会期中1回展示替(8月5日(月曜日))

開催内容

  • 日仏のアーティスト等のデザインによるオリジナル風呂敷を展示
  • 江戸歌舞伎「助六」展示に風呂敷でインスタレーション
  • ミュージアムラボでワークショップを実施
  • ワークショップのご案内
    7月27日(土曜日)・28日(日曜日) 当日参加可

入場料

常設展観覧料でご覧いただけます。

江戸東京たてもの園

日程

2019年7月23日(火曜日)~9月29日(日曜日)

場所

展示室

開催内容

  • 日仏のアーティスト等のデザインによるオリジナル風呂敷を展示
  • FUROSHIKI PARISの映像を上映
  • 下町夕涼みの日にワークショップを実施
  • ワークショップのご案内
    8月3日(土曜日)・4日(日曜日) 当日参加可

入場料

たてもの園観覧料でご覧いただけます。

※アーティスト:北野武、草間彌生、コンスタンス・ギセ、ジャン ポール・ゴルチエ、ニコラ・ビュフ、蜷川実花、細川護熙 ほか

主催

東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団 江戸東京博物館

「2020年に向けた実行プラン」事業
本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「スマート シティ 政策の柱8 芸術文化の振興」

本件は、「ホストシティTokyoプロジェクト」に係る事業です。
「カテゴリー:魅力発信 プロジェクト名:東京文化プログラムの拡充・推進」

問い合わせ先
生活文化局文化振興部企画調整課
電話 03-5388-3197
公益財団法人東京都歴史文化財団
江戸東京博物館
電話 03-3626-9917
江戸東京たてもの園
電話 042-388-1811

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.