ここから本文です。

報道発表資料  2019年06月24日  生活文化局, 公益財団法人東京都歴史文化財団

「Tokyo Contemporary Art Award 2020-2022」の公募について

東京都と公益財団法人東京都歴史文化財団は、中堅アーティストを対象とした現代美術の賞「Tokyo Contemporary Art Award 2020-2022」の公募を以下のとおり行います。
この賞は、昨年度創設され、今回は第2回目の公募となります。
前回の受賞アーティスト(2名)に対しては、今年度より2年間にわたる支援を行っています。

ロゴ画像

1 応募資格

以下の条件をすべて満たす方(グループの場合、全員が条件を満たすこと)

  1. 日本に居住する方あるいは国内に活動拠点のある方
  2. 現代美術の分野で活動するアーティスト(ジャンル不問)
  3. 国内外で個展、グループ展への参加が概ね10件以上あり、概ね10年以上の活動歴がある方
  4. 海外での活動に意欲があり、令和2年(2020年)3月に開催予定の授賞式、令和2年度(2020年度)の海外での活動、および令和3年度(2021年度)末の東京都現代美術館でのその成果を含む作品発表(展覧会)が可能な方
  5. 一次選考に進んだ場合、英語での書類提出及び令和2年(2020年)2月(予定)に開催する選考委員によるスタジオ訪問・面談に参加できる方

2 応募申込み期間

令和元年(2019年)7月1日(月曜日)から8月7日(水曜日)まで

3 選考から受賞後のスケジュール(予定)

  • 令和元年(2019年)9月~令和2年(2020年)2月中旬
    審査(最終選考ではスタジオ訪問及び面談を実施)
  • 令和2年(2020年)2月下旬
    受賞者の発表
  • 令和2年(2020年)3月下旬
    授賞式
  • 令和2年度(2020年度)中
    海外での活動
  • 令和4年(2022年)3月
    東京都現代美術館での展覧会

4 その他

  1. 応募方法等の詳細は別添募集要項(PDF:293KB)またはTokyo Contemporary Art Awardの特設ホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

QRコードの画像

  1. 賞の概要及び選考委員につきましては別紙(PDF:715KB)をご覧ください。

【参考】前回(Tokyo Contemporary Art Award 2019-2021)について

(1) 受賞者

  • 風間サチコ
    1972年東京都生まれ。木版を中心に作品を制作。様々なモチーフが盛り込まれた巨大な木版画は、歴史画のような壮大さを持ち合わせている。
  • 下道基行
    1978年岡山県生まれ。旅やフィールドワークをベースに制作活動を行う。2019年「第58回ヴェネチア・ビエンナーレ」参加。

(2) 受賞者の今後の予定

  • 令和元年度(2019年度)
    海外での活動(旅費、滞在費、調査・制作費等支援)
  • 令和3年(2021年)3月
    東京都現代美術館での展覧会

授賞式の様子の写真

授賞式の様子(平成31年4月)

スタジオ訪問の様子の写真

スタジオ訪問の様子

「2020年に向けた実行プラン」事業
本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「スマート シティ 政策の柱8 芸術文化の振興」

本件は、「ホストシティTokyoプロジェクト」に係る事業です。
「カテゴリー:魅力発信 プロジェクト名:東京文化プログラムの拡充・推進」

問い合わせ先
生活文化局文化振興部文化事業課
電話 03-5320-7703
公益財団法人東京都歴史文化財団東京都現代美術館トーキョーアーツアンドスペース事業課
電話 03-5245-1142

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.