ここから本文です。

報道発表資料  2019年06月18日  環境局, 公益財団法人東京都環境公社

地域金融機関と省エネ対策サポート事業者が連携した中小企業への省エネ支援モデル事業の募集を7月から開始します

東京都は、中小規模事業所の省エネを支援するため、省エネに関するコンサルティングを実施する省エネ対策サポート事業者が、地域金融機関から紹介を受けた中小企業に対して、無料で省エネに関する運用改善等の提案や助言を行うモデル事業の募集を、7月から開始しますのでお知らせします。
本モデル事業は、日頃から経営相談等を通じて中小企業と多くの接点を有する地域金融機関と省エネ対策サポート事業者が連携して、中小企業の省エネを進めていくものです。このため、両者の連携を円滑に進めるためのマッチングセミナーもあわせて開催します。

地域の多様な主体と連携した中小規模事業所省エネ支援事業(モデル事業)

モデル事業のスキーム図

事業の流れ概要図

事業概要

募集開始日

令和元年7月10日(水曜日)から

事業規模

100万円(上限)×20件

助成対象者

省エネ対策サポート事業者
(「地球温暖化対策ビジネス事業者【注1】」として東京都に登録を受けている事業者)

【注1】:「地球温暖化対策ビジネス事業者」の登録申請は、クール・ネット東京において随時受付けております。

助成要件

省エネ対策サポート事業者が、事業に参加する地域金融機関及び中小企業との合意を踏まえて、申請を行うこと。その他の要件は、下記のとおり。

助成対象経費

省エネコンサルティングに係る経費(人件費、エネルギー計測機器費 等)

助成額等

助成対象経費と同額(ただし、100万円/件を上限とする)

申請受付先

クール・ネット東京(東京都地球温暖化防止活動推進センター)
〒163-0810 東京都新宿区西新宿2-4-1 新宿NSビル10階

助成要件

以下(1)~(3)の条件を満たすこと。

  • (1)地域金融機関から紹介を受けた中小企業に対して、無料で省エネコンサルティングを実施すること。
  • (2)(1)の実施にあたっては、当該中小企業にエネルギー計測機器を設置し、1か月程度データの収集・分析を実施すること。
  • (3)省エネコンサルティングを実践した事業所において、次のいずれかが確認できること。
    1. 省エネ設備改修の工事契約が締結されたこと(ダウンサイジング化【注2】を含む)。
      【注2】:より小さな容量の設備を導入すること。
    2. 省エネコンサルティングに基づく運用改善を1か月間以上実施した結果、エネルギー使用量が前年同月比で1.3%以上削減されたこと。

地域金融機関と省エネ対策サポート事業者とのマッチングセミナー

1 日時

令和元年7月3日(水曜日) 午後2時00分~5時00分 (開場 午後1時30分)

2 場所

東京都庁第二本庁舎1階 二庁ホール(東京都新宿区西新宿2-8-1)

3 対象

地域金融機関 営業担当者 等

4 内容(予定)

  • 事業の概要説明
  • 省エネ対策サポート事業者によるプレゼンテーション
  • 個別商談会

5 申込方法

ホームページ(外部サイトへリンク)で受け付けます。

「2020年に向けた実行プラン」事業
本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「スマート シティ 政策の柱1 スマートエネルギー都市」

問い合わせ先
(事業に関すること)
環境局地球環境エネルギー部地域エネルギー課
電話 03-5388-3443
(申込方法等に関すること)
東京都地球温暖化防止活動推進センター
電話 03-5990-5087

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.