トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成31年 令和元年(2019年) > 6月 > 三宅村雄山において東京都版エコツーリズムを実施

ここから本文です。

報道発表資料  2019年06月14日  環境局, 三宅村

三宅村雄山において東京都版エコツーリズムを実施します

三宅島の雄山は独特な自然環境と景観を有する活火山です。平成12年の噴火後、雄山周辺は立入禁止となっていましたが、警戒レベルの低下を機に、東京都と三宅村は、雄山周辺の自然に配慮しながら安全に利用していただくためのルールを定めた東京都版エコツーリズムを実施することとして「三宅村雄山一帯における自然環境保全促進地域の適正な利用に関する協定」を締結しました。

東京都版エコツーリズムとは

特に貴重な自然がある地域において、都認定の自然ガイドの同行を義務づけ、立ち入りを限定的にすることにより、その保護と利用のバランスを図る制度。いままでに小笠原諸島の南島及び母島石門、御蔵島の3か所において導入している。

三宅島のエコツーリズムの概要

立入制限区域(自然環境保全促進地域)と利用ルールを定め、都と村で協定を締結。雄山周辺においてガイド同伴の自然に配慮した安全な利用を図る。

主な具体ルール

  • 立入制限区域(自然環境保全促進地域)及び利用経路(別図(PDF:584KB)
  • 東京都自然ガイド1人あたりの利用上限 10名
  • 1日あたりの最大利用者 40人
  • 利用期間 4月から11月
  • 最大利用時間 2時間/回
  • 災害発生時に備えたルール(入山時の装備や気象データの確認など)

今後のスケジュール

令和元年度に、東京都自然ガイドの養成講座の実施と認定を行い、令和2年度から本格実施。

問い合わせ先
環境局自然環境部緑環境課
電話 03-5388-3509
三宅村観光産業課
電話 04994-5-0920

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.