ここから本文です。

報道発表資料  2019年06月12日  教育庁

東京都立中央図書館 伝統文化講演会

東京都立中央図書館では、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向け、日本の文化について理解を深めるとともに、国内外に発信するための取組の一環として、講演会を開催しています。
今年度のテーマは落語です。立川流の真打である立川志ら乃氏に、講演と実演で落語の魅力を語っていただきます。落語に馴染みのない方にこそお越しいただきたい内容となっております。ぜひ、本講演をきっかけとして、落語の魅力を知ってください。

立川流真打が語る落語の魅力 実演とともに

講師:立川志ら乃氏(落語家)

昭和49年生まれ。落語立川流の落語家(真打)。
立川談志の孫弟子として初めて真打に昇進した。
「NHK新人演芸大賞」大賞(平成17年)、「国立演芸場 花形演芸大賞」銀賞(平成27年)などを受賞。

著作:『談志亡き後の真打ち』(宝島社 平成24年9月)など
講演:「渋谷らくご」(平成30年12月14日)ほか多数

講師の写真

1 日時

令和元年(2019年)7月27日(土曜日) 午後2時00分から午後4時00分まで

2 会場

東京都立中央図書館 多目的ホール(4階)

3 参加費

無料

4 募集人数

120名(応募者多数の場合は抽選)

5 申込方法

  1. 東京都立図書館ホームページ
  2. 往復はがき
    • (1)伝統文化講演会希望
    • (2)住所
    • (3)氏名(ふりがな)
    • (4)電話番号

を御記入の上、
「〒106-8575 東京都立中央図書館 人文科学担当」宛てにお送りください。

※以下の方は、該当する項目をあわせて記入してください。

  • 手話通訳、要約筆記を希望される方
  • 当日、同行される介助者等のために座席が必要な方
  • 車椅子で参加される方
  • 託児サービスを希望される方(年齢・人数)

6 申込締切

令和元年7月12日(金曜日)(往復はがき:当日消印有効)

チラシの画像

別添チラシ:伝統文化講演会「立川流真打が語る落語の魅力 実演とともに」(PDF:1,231KB)

都立中央図書館

所在地

港区南麻布5-7-13(有栖川宮記念公園内)

最寄り駅

  • 東京メトロ日比谷線 広尾駅 1番出口から 徒歩8分
  • 東京メトロ南北線・都営地下鉄大江戸線 麻布十番駅 徒歩20分
  • 都営バス 橋86系統(目黒駅前~新橋駅前・東京タワー)愛育クリニック前 徒歩2分
  • 港区コミュニティバス(ちぃばす) 麻布西ルート97 愛育クリニック 徒歩2分
  • 港区コミュニティバス(ちぃばす) 麻布西ルート98 有栖川宮記念公園 徒歩2分

図書館への地図

問い合わせ先
東京都立中央図書館
電話 03-3442-8451
ファクス 03-3447-8924
Eメール S9000051(at)section.metro.tokyo.jp
※迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を変更しております。
お手数ですが、(at)を@に置き換えてご利用ください。

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.