ここから本文です。

報道発表資料  2019年06月07日  生活文化局, 公益財団法人東京都歴史文化財団

Tokyo Tokyo FESTIVAL企画公募 採択事業「まさゆめ」
「顔会議」開催のお知らせ

東京都と公益財団法人東京都歴史文化財団は、Tokyo Tokyo FESTIVALの一環として、企画公募採択事業を実施します。その一つとして実施する「まさゆめ」は、世界中から募集して選ぶ、ただ一人の「顔」を東京の空に出現させるアートプロジェクトです。
この度、本事業の企画者である現代アートチーム目/[mé](以下、目)やゲストと共に2020年に浮かべる「顔」の候補について話し合う参加型の公開ミーティング「顔会議」を下記のとおり実施します。2020年の東京の空を飾るプロジェクトにぜひご参加ください。

1 日時

令和元年6月23日(日曜日)13時00分~19時00分 ※二部制

2 会場

SHIBAURA HOUSE 1階(東京都港区芝浦3-15-4)

3 開催内容

  1. 第一部 13時00分~15時00分(12時30分受付開始)
    目及びゲストによるプレゼンテーション及びクロストーク
  2. 第二部 16時00分~19時00分(15時30分受付開始)
    目、ゲスト及び来場者による参加型ディスカッション

※会場内にて顔の撮影と応募ができるワークショップも開催します。ワークショップは事前申込不要です。

4 ゲスト

原島博(東京大学特任教授、日本顔学会役員)
宮脇周作(法廷画家)

5 参加

無料、事前申込制(先着順、定員に届き次第締め切ります。)

専用フォーム(外部サイトへリンク)よりお申し込みください。
※各部定員50名程度

6 その他

当日は、ライブ配信を行う予定です。下記からご覧いただき、コメントをお寄せいただくことで、会議でのディスカッションにもご参加いただけます。

※プログラム詳細、登壇者プロフィール及び当面のスケジュールは、別紙(「顔会議」開催概要)(PDF:381KB)をご覧ください。

「まさゆめ」とは

現代アートチーム目/[mé]が企画する、世界中から募集して選んだ、ただ一人の実在する「顔」を東京の空に出現させるアートプロジェクト。世界中から集まった顔の中から、一人を選び、その顔の巨大なオブジェを制作して2020年の東京の空に浮かべます。
顔を選定するプロセスの中で、2020年に浮かべるべき一人の顔がどういうものかについて、誰もが参加できる会議の場等で参加者やアーティストが議論し、共にプロジェクトの意味や本質について考えるとともに、個であると同時に公である我々の存在を見つめなおし、その不思議や実感をあらためて人類に問う企画です。

まさゆめのイメージ画像

QRコードの画像1

まさゆめ公式ホームページ(外部サイトへリンク)

「Tokyo Tokyo FESTIVAL」とは

オリンピック・パラリンピックが開催される2020年に向けて東京を文化の面から盛り上げるため、多彩な文化プログラムを展開し、芸術文化都市東京の魅力を伝える取組です。

QRコードの画像2

Tokyo Tokyo FESTIVAL公式ホームページ(外部サイトへリンク)

「Tokyo Tokyo FESTIVAL 企画公募」とは

斬新で独創的な企画や、より多くの人々が参加できる企画を幅広く募り、Tokyo Tokyo FESTIVALの中核を彩る事業として、東京都及び公益財団法人東京都歴史文化財団アーツカウンシル東京が実施するものです。
国内外から応募のあった2,436件から選定した13の企画を、オリンピック・パラリンピックが開催される2020年に向けて、順次展開していきます。

QRコードの画像3

Tokyo Tokyo FESTIVAL企画公募ホームページ

「2020年に向けた実行プラン」事業
本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「スマート シティ 政策の柱8 芸術文化の振興」

本件は、「ホストシティTokyoプロジェクト」に係る事業です。
「カテゴリー:魅力発信 プロジェクト名:東京文化プログラムの拡充・推進」

問い合わせ先
生活文化局文化振興部企画調整課
電話 03-5320-7736
公益財団法人東京都歴史文化財団アーツカウンシル東京
電話 03-6256-8432

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.