トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成31年 令和元年(2019年) > 5月 > 首都高速環状線の地下化 特例的環境影響評価書案を提出

ここから本文です。

報道発表資料  2019年05月30日  都市整備局

首都高速都心環状線の地下化(神田橋JCT~江戸橋JCT)の特例的環境影響評価書案を提出しました

本日、東京都は、首都高速都心環状線の地下化(神田橋JCT~江戸橋JCT)について、東京都環境影響評価条例の規定を参考に、東京都知事(環境局)に特例的環境影響評価書案を提出しましたのでお知らせします。
本事業は、現在、東京都環境影響評価条例の対象とはなっていませんが、平成30年12月の条例の改正の内容を踏まえると、令和3年1月の改正条例の該当規定の施行後は、対象事業となる予定です。
このことから、都市計画変更手続に合わせ、条例の規定を参考として特例的に環境アセスメント手続を実施し、事業が環境に及ぼす影響について予測・評価を行いました。
特例的環境影響評価書案では、環境影響評価を行う項目として、「大気汚染」、「騒音・振動」、「水質汚濁」、「土壌汚染」、「地盤」、「水循環」、「生物・生態系」、「景観」、「史跡・文化財」、「廃棄物」の10項目を選定しています。
今後は、都市計画変更手続に合わせ、特例的環境影響評価書案に係る事業者の考え方を作成し、特例的に実施する環境アセスメント手続を進め、事業化を目指します。

対象計画の概要

名称

首都高速都心環状線の地下化(神田橋JCT~江戸橋JCT)

都市計画道路名称

  • 東京都市計画道路 都市高速道路第4号線
  • 東京都市計画道路 都市高速道路第4号線分岐線
  • 東京都市計画道路 都市高速道路第6号線

区間

千代田区大手町二丁目~中央区日本橋小網町

延長

約1.8キロメートル

車線数

往復4車線

幅員

8.5メートル(標準)

※別紙1「事業予定区間の位置」(PDF:302KB)
※別紙2「事業計画案の概要」(PDF:751KB)
※別紙3「特例的環境影響評価書案の要約」(PDF:290KB)

本事業の効果

  • 構造物の長期的な安全性の確保
  • 日本橋川周辺の沿道環境の改善
  • 江戸橋ジャンクション周辺の交通の円滑化

「2020年に向けた実行プラン」事業
本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「スマート シティ 政策の柱6 多様な機能を集積したまちづくり」

問い合わせ先
都市整備局都市基盤部街路計画課
電話 03-5388-3294

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.