トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成31年 令和元年(2019年) > 5月 > 働きやすい職場環境づくり推進奨励金 受付を開始

ここから本文です。

報道発表資料  2019年05月29日  産業労働局

令和元年度新規事業
「働きやすい職場環境づくり推進奨励金」の受付を開始します!

東京都では、これまで、従業員の育児・介護と仕事との両立支援、非正規労働者の処遇等の改善に取り組む中小企業の皆様を対象に奨励金を支給し、雇用環境整備の取組を支援してまいりました。
このたび、病気治療と仕事との両立支援を奨励対象に加え、「働きやすい職場環境づくり推進奨励金」としてリニューアルしました。6月13日(木曜日)より第1回事前エントリー受付を開始しますので、お知らせします。

奨励金概要

1.対象

都内で事業を営んでいる中小企業等
※その他実施するコース、事業ごとに要件があります。

2.対象となる取組

奨励金の対象となるのは次の4コースで、実施するコースや事業の組み合わせも可能です。
取組終了後、合計100万円の範囲内で奨励金の支給を受けることができます。

A 育児と仕事の両立推進コース

  1. 育児と仕事の両立制度整備事業【注】
    育児と仕事の両立支援のための休暇制度等を新たに整備
    奨励金額:20万円
  2. 男性の育児参加推進事業
    男性の育児参加を推進するための目標や取組内容を設定
    奨励金額:20万円
  3. 育児中の従業員のための多様な選択肢整備事業
    育児中の従業員が各自の状況に応じた柔軟な働き方を選択できるよう、法を上回る育児休業制度や在宅勤務制度等を新たに整備
    奨励金額:40万円

B 介護と仕事の両立推進コース

  1. 介護と仕事の両立推進事業
    • 介護と仕事の両立に関する相談窓口を社内に設置
    • 両立推進に向けた取組計画を策定し、社内外に発信
    奨励金額:40万円
  2. 介護離職防止のための制度整備事業【注】
    介護中の従業員が離職せずに各自の状況に応じて柔軟な働き方ができるよう、法を上回る介護休業制度や介護サービス利用支援制度等を新たに整備
    (B2の事業に取り組むためには、B1の事業を実施していることが必要です。)
    奨励金額:40万円

C 病気治療と仕事の両立推進コース【注】

病気治療と仕事の両立に関する相談窓口を社内に設置し、病気治療のための休暇制度を新たに整備
奨励金額:20万円

D 非正規労働者の処遇改善コース

非正規労働者の処遇改善に向けた制度、教育・研修制度、福利厚生制度を新たに整備
奨励金額40万円

  • 【注】印のついているコースや事業は、テレワーク制度を整備することでさらに10万円加算されます。(複数のコースや事業を実施した場合でも、最大10万円です)
  • 各コース、事業に沿った内容の都が開催する研修会への参加が必要です。
  • 各コース、事業の対象要件、取組事項等詳細につきましては、「TOKYOはたらくネット」をご覧ください。

※事業の流れ・申請方法については、別紙(PDF:359KB)をご覧ください。

「2020年に向けた実行プラン」事業
本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「ダイバーシティ 政策の柱5 誰もが活躍できるまち」

問い合わせ先
産業労働局雇用就業部労働環境課
電話 03-5320-4649
労働相談情報センター事業普及課
電話 03-5211-2248

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.