トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成31年 令和元年(2019年) > 5月 > 東京都教育委員会と株式会社東洋新薬 包括連携協定締結

ここから本文です。

報道発表資料  2019年05月14日  教育庁, 株式会社東洋新薬

東京都教育委員会と株式会社東洋新薬との包括連携に関する協定の締結について

東京都教育委員会と株式会社東洋新薬との間において、「東京都教育委員会と株式会社東洋新薬との包括連携に関する協定」を締結することとなりましたので、お知らせします。

1 連携の目的

東京都教育委員会が設置する農業系高校における教育実践と、株式会社東洋新薬が有する最先端の農業技術や研究開発力、最新の企業戦略などの組織力等を互いに連携させることにより相乗効果をもたらし、もって真に産業界が必要とする人材育成を推進することを目的とする。

2 連携の内容

  1. 農業系高校における教育活動の充実に資すること
  2. 農業系高校における教育活動及び株式会社東洋新薬における教育支援などに関する調査・研究の充実に資すること
  3. 農業系高校が有する教育力と、株式会社東洋新薬の高い研究力などの連携による相互の技術等の向上に資すること
  4. その他、協議により実施する連携事業

3 協定締結式

  • 日時
    令和元年5月22日(水曜日)午後1時30分から午後2時00分まで
  • 会場
    東京都庁第一本庁舎37階 教育委員会室
  • 議事次第
    1. 開式
    2. 出席者紹介
    3. 挨拶
    4. 協定書署名
    5. 写真撮影
    6. 閉式
  • 出席予定
    • 東京都教育委員会 教育長 中井敬三 他
    • 株式会社東洋新薬 代表取締役社長 服部利光 他

【参考】都立高校改革推進計画・新実施計画(第二次)(抜粋(p66等))

目標2 生徒一人一人の能力を最大限に伸ばす学校づくりの推進

※「目標2」の正しい表記はローマ数字です。

2 専門高校の改善

(1) 専門高校の改善・充実

安心・安全な農産物へのニーズが世界的に高まる現代社会においては、食の安全の確保や、環境保全の取組、労働安全の確保、効率的な農場経営など、適切に工程管理された農業経営が不可欠となっています。このため、農業系高校においても、安心・安全な農産物を社会に提供していくための過程や、商品の企画や加工、生産、販売等の食に関する最新の実践や研究についての学習を充実させることが重要です。

イ 農業系高校における企業と連携した学習の充実

農業や食品に関係する商品等の企画や開発、製造や加工、販売等を行う企業との連携を図ることにより、最新の農業や食品関連産業に関する一連の取組を学ぶ機会を拡大します。あわせて、GAPやHACCP、スマート農業等の、食の安全や安心に関する最新の研究動向や実践事例等についても企業との連携により学ぶ機会を充実していきます。

実施計画図

問い合わせ先
教育庁都立学校教育部高等学校教育課
電話 03-5320-6742

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.