トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成31年 令和元年(2019年) > 5月 > 恩賜上野動物園 ジャイアントパンダ展示場所を変更

ここから本文です。

報道発表資料  2019年05月08日  建設局, (公財)東京動物園協会

恩賜上野動物園情報 ジャイアントパンダ展示場所の変更について

恩賜上野動物園(園長 福田豊)では、ジャイアントパンダ「シャンシャン」の成長に伴い、令和元年5月13日(月曜日)からジャイアントパンダ展示場所の変更を行いますので、お知らせします。

1.対象動物

ジャイアントパンダ

  • リーリー(オス)
    2005年8月16日 中国・臥龍保護センター生まれ
  • シンシン(メス)
    2005年7月3日 中国・臥龍保護センター生まれ
  • シャンシャン(メス)
    2017年6月12日 恩賜上野動物園生まれ

パンダ舎の画像

東園・ジャイアントパンダ舎

2.開始日

令和元年5月13日(月曜日)から

3.変更内容

「シンシン」と「シャンシャン」が交代で屋外放飼場Aを使用します。
(午前:シャンシャン、午後:シンシン)
なお、「シャンシャン」が屋外放飼場Aにいる間、「シンシン」は非公開の屋外放飼場C・E2を使用します。このため、時間帯によっては「シンシン」をご覧いただけません。
※3頭のパンダそれぞれの状況に応じて、部屋の配置及び移動のタイミングが変動する場合があります。

4.ジャイアントパンダの配置

午前

パンダの配置図1

午後

パンダの配置図2

夜間及び室内収容時

パンダの配置図3

配置表

  午前 午後 夜間・室内
リーリー 屋外B 屋外B 室内4
シンシン 屋外C・E2【注】 屋外A 室内2
シャンシャン 屋外A 屋外D、室内5 室内5
【注】:非公開エリア

5.現在の状況

「シャンシャン」は平成30年12月に母親の「シンシン」と離れ、屋外放飼場D及び室内5号室で単独で展示しています。今年4月の体重測定では50キログラムを超え、体が大きくなり、また、行動が多様になり、運動量も増えてきました。

参考

ジャイアントパンダ(食肉目 クマ科)
(ワシントン条約附属書1、IUCNレッドリスト:VU(絶滅危惧2類)、東京都ズーストック種)

  • 学名
    Ailuropoda melanoleuca
  • 英名
    Giant panda
  • 分布
    中国南西部(四川省、陝西省、甘粛省)の標高2600~3500メートルの寒冷湿潤な竹林
  • 生態等
    基本的には単独行動で行動圏は5~15平方キロメートル。昼夜の別なく行動しますが、明け方と夕方が活発です。

※「附属書1」「絶滅危惧2類」の数字の正しい表記はローマ数字です。

問い合わせ先
(公財)東京動物園協会
恩賜上野動物園教育普及課
電話 03-3828-5171 17時00分まで
建設局公園緑地部管理課
電話 03-5320-5365

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.