トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成31年 令和元年(2019年) > 4月 > ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2019

ここから本文です。

報道発表資料  2019年04月24日  産業労働局, ショートショートフィルムフェスティバル&アジア事務局

米国アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画祭
ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2019 開催!
東京の魅力を世界に発信するショートフィルムを初公開!

東京都が共催しているアジア最大級の国際短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2019」が、5月29日(水曜日)から6月16日(日曜日)まで開催されますので、お知らせします。
オフィシャルコンペティションであるアジア インターナショナル部門、ジャパン部門、「東京」を題材にしたショートフィルムを集めたCinematic Tokyo部門の各優秀賞作品には都知事賞が授与されます。

イベントのロゴ画像

「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2019」のポイント

厳選約200作品を無料上映!

世界約130の国と地域から集まった10,000本を超える作品から、厳選した約200作品を上映
※一部有料イベントあり

多彩な「東京」の魅力を発信するプロジェクトを実施!

1 Cinematic Tokyo部門 コンペティション

「東京」をテーマとした作品を国内外から募集。280作品から選りすぐりの6作品を無料上映

2 Tokyo Cine-magic 東京都特別製作作品

新進気鋭の監督によるショートフィルム『ホセのトーキョー夢物語』をCinematic Tokyo部門で、特別製作作品として初公開

ホセのトーキョー夢物語の画像

『ホセのトーキョー夢物語』(Jose's Tour de Tokyo)

SNSインフルエンサー、アレックスの番組アシスタントの仕事で初来日したメキシコ人の青年ホセ。アレックスの無茶な要求に奮闘しながら東京の街を駆け巡ったホセは、夢のような体験をすることに。

  • 監督/田中希美絵
  • キャスト/ディエゴ・カターニョ、ナッシュ・エジャートン 吹越満

予告編ホームページ(外部サイトへリンク)

QRコードの画像1

2020年に向けた「シネマスポーツプロジェクト」始動!

東京で開催される国際的なスポーツ大会をきっかけとしたショートフィルムを製作し、東京の多彩な魅力の一つとして国内外に発信します。製作したショートフィルムは、「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2020」で上映するほか、国内外の映画祭での上映、都の観光プロモーションにおける活用など、様々な機会を通じて発信してまいります。

一般上映(無料)

日程・会場

  • 5月30日(木曜日)~6月2日(日曜日) iTSCOM STUDIO & HALL 二子玉川ライズ
  • 6月6日(木曜日)~6月9日(日曜日) 表参道ヒルズ スペース オー
  • 6月11日(火曜日) 赤坂インターシティコンファレンス the AIR
  • 6月11日(火曜日)~6月14日(金曜日) アンダーズ 東京 Andaz Studio
  • 6月13日(木曜日)~6月15日(土曜日) シダックス・カルチャーホール

※1 オープニングセレモニーは5月29日(水曜日)、アワードセレモニー(授賞式)は6月16日(日曜日)に報道関係者等を対象として実施します。
※2 上映時間・プログラム内容等詳細は、公式ホームページをご覧下さい。

申込方法

公式ホームページにて4月24日(水曜日)14時00分より事前予約を開始します。
空席がある場合は、会場で当日券を配布します。

※有料イベントについて
期間中、一部イベントが有料で開催されます。詳細は公式ホームページをご覧下さい。

クリエイターズセミナー(無料)

『リンダ、リンダ、リンダ』や『苦役列車』の山下敦弘監督がセミナーゲストとして登場。監督のキャリアを振り返り、作家性も温存させながら娯楽映画を作り続ける独自のスタイルや、これからの映画制作を語ります。

  • 日時
    6月9日(日曜日)15時40分~17時30分
  • 会場
    表参道ヒルズ スペース オー
  • 講師
    山下敦弘

講師の写真

  • 申込方法
    公式ホームページにて4月24日(水曜日)14時00分より先着順で受け付けます。

※講演内容は、当日、若干変更となる可能性があります。

「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア」について

平成11年(1999年)、俳優の別所哲也氏がハリウッドのショートフィルム(短編映画)を紹介する映画祭として「ショートショートフィルムフェスティバル」を創設。
平成16年(2004年)、同フェスティバルが米国アカデミー賞公認映画祭として認定され、これにより本映画祭グランプリ作品は、米国アカデミー賞のノミネート選考対象作品となる。
東京都は、平成16年より本フェスティバルのアジアと日本を対象とする部門「ショートショートフィルムフェスティバル アジア」を創設し、共催。
2つの映画祭は、平成18年(2006年)より「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア」として同時開催されている。
平成31年(2019年)より、オフィシャルコンペティション3部門(「ジャパン部門」「アジア インターナショナル部門」「インターナショナル部門」)及び「ノンフィクション部門 supported by ヤフー株式会社」の各優秀賞、計4作品が、米国アカデミー賞の短編部門のノミネート候補作品となることが決定している。

ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2019 公式ホームページ(外部サイトへリンク)

QRコードの画像2

問い合わせ先
(プロジェクトに関すること)
産業労働局観光部振興課
電話 03-5320-4786
(映画祭全体に関すること)
ショートショートフィルムフェスティバル&アジア事務局
電話 03-5474-8201

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.