トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成31年 令和元年(2019年) > 4月 > 消費生活講座「今求められる金融教育」 受講生募集

ここから本文です。

報道発表資料  2019年04月23日  生活文化局

消費生活講座 参加費 無料
今求められる金融教育 金のトラブルから自分を守るために
受講者募集のお知らせ

東京都消費生活総合センターでは、東京都金融広報委員会との共催で、暮らしに身近な金融や消費生活に関する知識が学べる消費生活講座を開催しています。今年度は講演と落語を通じて、お金のトラブルから自分を守るための工夫や心構えについて学んでいただきます!

日時

令和元年7月4日(木曜日) 13時30分~15時50分 (13時00分開場)

第1部

13時40分~14時05分

落語『なるほど!これぞ「だまし」のテクニック』他

先輩が新人に詐欺や悪質商法の手口を伝授しようとするが、新人は余計なことを口走って失敗を繰り返すばかり。新人の本当の狙いは…。騙しの手法と騙される心理状態について、落語で楽しく学びます。
この他に、もう1演目を加えた豪華2本立てでお送りします。

  • 落語家 立川がじら

第2部

14時20分~15時50分

講演『今求められる金融教育 お金のトラブルから自分を守るために』

悪質商法、投資トラブル、多重債務問題など、お金のトラブルが後を絶ちません。これらから身を守るためには、年齢を問わず、金融や消費生活に関する知識を学ぶことが大切です。
講師の住田弁護士には、実例を交えながら、自分を守るための工夫や心構えについてお話いただくとともに今求められる金融教育について講演して頂きます。

  • 講師 弁護士 住田裕子氏

講師の写真

【プロフィール】
1979年東京地検検事に任官、1987年法務省民事局付検事を担当。1996年弁護士登録後、様々な公職や大学特任教授などを歴任。「住田裕子の老後安心相談所」などの著書・論文多数。

場所

東京ウィメンズプラザホール (東京都渋谷区神宮前5-53-67)

募集人員

250名(都内在住・在勤・在学の方) 託児あり(6カ月以上就学前の乳幼児)

主催

東京都・東京都金融広報委員会(後援:金融広報中央委員会)

申込

はがき、ファクス、電子申請でお申し込みください(詳細は別紙(PDF:1,195KB)をご覧ください)。

締切

6月21日(金曜日) ※受講の決定及び抽選結果は、6月27日(木曜日)までに申込者全員に通知します。
応募者多数の場合には、抽選により受講者を決定します。

詳しくは「東京くらしWEB」をご覧ください。

QRコードの画像

「2020年に向けた実行プラン」事業
本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「セーフ シティ 政策の柱5 まちの安心・安全の確保」

問い合わせ先
東京都消費生活総合センター活動推進課
電話 03-3235-1157

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.