ここから本文です。

報道発表資料  2019年04月16日  生活文化局, 公益財団法人東京都歴史文化財団

今年のテーマは『夜の旅、昼の夢』
「六本木アートナイト2019」開催

六本木地域の文化施設等と連携したアートイベント「六本木アートナイト2019」について、開催内容が決定しましたので、別紙(PDF:2,273KB)のとおりお知らせします。
六本木アートナイト2019では、2018年に都とパリ市の文化交流事業「パリ東京文化タンデム」の一環としてパリで開催した「FUROSHIKI PARIS」の報告展「FUROSHIKI TOKYO展」も実施いたします。
六本木の街を舞台に展開するアートの饗宴に、どうぞご期待ください。

六本木アートナイト開催概要

開催日

2019年5月25日(土曜日)10時00分~5月26日(日曜日)18時00分
コアタイム【注】:5月25日(土曜日)18時00分~5月26日(日曜日)6時00分
【注】メインとなるインスタレーションやイベントが集積する時間帯です。

※5月25日(土曜日)17時30分~18時00分にコアタイムキックオフセレモニーを開催いたします。
セレモニーの詳細につきましては、後日改めてお知らせいたします。

開催場所

六本木ヒルズ、森美術館、東京ミッドタウン、サントリー美術館、21_21 DESIGN SIGHT、国立新美術館、六本木商店街、その他六本木地区の協力施設や公共スペース

プログラム

  • メインプログラム・アーティストに韓国を代表する現代アーティストのチェ・ジョンファを迎え、六本木ヒルズアリーナ、東京ミッドタウン、国立新美術館をつなぐインスタレーション作品を設置
  • 「FUROSHIKI TOKYO展」
  • ワークショップやトークプログラム等の開催のほか、各美術館の開館時間を延長

※各プログラムの詳細については、別紙(PDF:2,273KB)をご覧ください。

【同時開催プログラム】
オペラ夏の祭典2019-20 Japan⇔Tokyo⇔Worldプレイベント「ペラペラオペラin六本木」

入場料

無料(ただし、一部のプログラム及び美術館企画は有料)

主催

東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団、港区、六本木アートナイト実行委員会

その他

本イベントの開催に関しては、東京都青少年の健全な育成に関する条例により、18歳未満の方の23時00分から翌日4時00分までの入場はご遠慮いただきます。

FUROSHIKI TOKYO展

2018年秋、東京都はパリ市庁舎広場に大きな風呂敷包みを贈り、風呂敷の展示やインスタレーション、ワークショップを通して風呂敷の魅力を世界に発信しました。2019年六本木アートナイトでは、唐草模様の風呂敷パビリオンにて、パリで展示された各アーティストによるオリジナル風呂敷を日本初公開し、また風呂敷のインスタレーションを通し風呂敷の魅力を発信する「FUROSHIKI PARIS」報告展を行います。
※アーティスト:北野武、草間彌生、コンスタンス・ギセ、ジャンポール・ゴルチエ、ニコラ・ビュフ、蜷川実花、細川護熙 ほか(五十音順/敬称略)

展覧会の様子の写真

「2020年に向けた実行プラン」事業
本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「スマート シティ 政策の柱8 芸術文化の振興」

本件は、「ホストシティTokyoプロジェクト」に係る事業です。
「カテゴリー:魅力発信 プロジェクト名:東京文化プログラムの拡充・推進」

問い合わせ先
生活文化局文化振興部文化事業課
電話 03-5320-7703
アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)
電話 03-6256-8432
(プログラムの詳細について)
電話 03-5777-8600(ハローダイヤル)

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.