トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成31年 令和元年(2019年) > 3月 > 「防災都市づくり推進計画」整備プログラム等取りまとめ

ここから本文です。

報道発表資料  2019年03月29日  都市整備局

「防災都市づくり推進計画」整備プログラムと「防災都市づくりの進捗状況」をまとめました

東京都は、2016年(平成28年)3月に改定した「防災都市づくり推進計画」(以下、「推進計画」という。)に基づき、防災都市づくりに取り組んでおり、毎年、フォローアップを実施することとしています。
この度、木造住宅密集地域の各整備地域で講じられる取組をまとめた「整備プログラム」について、最新の状況を反映させて更新しました。併せて、最新の不燃化の進捗状況を「防災都市づくりの進捗状況」として取りまとめましたので公表します。
なお、今後、木造住宅密集地域の更なる改善に向けて、推進計画を改定してまいります。本年秋には推進計画の基本的な考え方を示し、2020年度に整備プログラムをとりまとめてまいります。

1 整備プログラム(2018年度)

各地域で講じられる取組のうち、今回追加や事業進捗した主な内容は以下のとおりです。

新規追加

  1. 防災生活道路
    「林試の森周辺・荏原地域」(品川区)など3地域内の路線
  2. 無電柱化の検討路線
    「南台・本町(渋)・西新宿地域」(中野区)など2地域3箇所
  3. 防災街区整備事業【注1】
    「志茂三丁目9番地区」(北区)【注2】など2地区

事業着手

  1. 街路事業等
    「補助193号線」(荒川区)など3路線
  2. 市街地再開発事業
    「戸越五丁目19番地区」(品川区)【注2】など3地区
  3. 公園整備事業
    「旧高田小学校跡地」(豊島区)

整備済み・完了

  1. 防災生活道路
    「荒川地域」(荒川区)など3地域内の路線
  2. 街路事業等
    「放射19号線(広場含む)」(大田区)
  3. 土地区画整理事業
    「都営川島町アパート跡地活用」(中野区)【注3】

【注1】土地・建物の共同化や個別の土地への権利変換により、防災性能を備えた建築物及び公共施設の整備を行う都市計画事業
【注2、注3】各事業は区施行。ただし、【注2】は組合施行、【注3】はUR施行

2 防災都市づくりの進捗状況(2018年度)

不燃化の進捗状況を示す不燃領域率について、最新の事業実績を反映させて、各整備地域の改善状況をわかりやすく示しました。(別紙(PDF:469KB)参照)

3 公表内容の入手方法について

「整備プログラム(2018年度)」や、「防災都市づくりの進捗状況(2018年度)」などを都市整備局のホームページに掲載します。

「2020年に向けた実行プラン」事業
本件は「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「セーフ シティ 政策の柱1 地震に強いまちづくり」

問い合わせ先
都市整備局市街地整備部防災都市づくり課
電話 03-5320-5003

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.