トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成31年 令和元年(2019年) > 3月 > 「RPAによる作業自動化の共同実証実験」実施結果

ここから本文です。

報道発表資料  2019年03月27日  総務局

「RPAによる作業自動化の共同実証実験」実施結果について

東京都は、今年度、RPAの活用効果や、本格的な導入に向けて想定される課題の検証を行うため、民間事業者と共同で、RPAによる作業自動化の実証実験を実施してまいりました。
この度、下記のとおり、実証実験の結果をとりまとめましたので、お知らせいたします。
本実証実験の成果を踏まえ、RPAの活用拡大に向け、取組を進めてまいります。

1 実証実験の概要

公募により選定した民間事業者2者の協力を得て、都の複数の部署を実証実験のフィールドとし、業務分析、シナリオ作成、効果検証等、段階を踏みながら、実証実験を進めました。

(1) 協力事業者

  • NTTデータ自治体RPA推進チーム
    (株式会社エヌ・ティ・ティ・データ、株式会社クニエ、株式会社Blueship、キヤノンマーケティングジャパン株式会社)
  • みずほ情報総研株式会社

(2) 実証実験参加部署

主税局、オリンピック・パラリンピック準備局、水道局、収用委員会事務局、総務局

(3) 期間

平成30年10月30日から平成31年3月31日まで

2 主な効果

  1. 処理時間の縮減
    29業務中25業務で処理時間が縮減した。年間ベースで計438時間の縮減効果があり、縮減率の平均は66.8%。
    全庁に共通する業務では、シナリオの横展開により更なる縮減効果が期待できる。
  2. 正確性の向上
    Eメールの宛先入力の間違いや業務システムでのデータの誤入力、誤転記といったミスの防止に役立った。
  3. 自律的な業務改善
    協力事業者のサポートを受けつつも、職員自身が業務分析を行い、RPAのシナリオを作成した。

※結果の詳細は、「RPAによる作業自動化の共同実証実験報告」(PDF:1,490KB)をご覧ください。

3 各協力事業者による報告書

問い合わせ先
総務局行政改革推進部行政改革課
電話 03-5320-7912

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.