ここから本文です。

報道発表資料  2019年03月26日  建設局, 港湾局

「東京都船舶の係留保管適正化計画」を改定しました
放置船舶のない良好な水辺空間を目指して

東京都は、平成14年度から「東京都船舶の係留保管の適正化に関する条例」に基づき、受入施設の確保及び放置禁止区域の指定による規制の強化により、放置船舶の解消(適正化)に取り組んだ結果、これまでに放置船舶が約8割減少するなど、着実な成果を上げてきました。
このような実績を踏まえ、引き続き適正化を推進していくため、「東京都船舶の係留保管適正化計画」(平成14年度策定、22年度改定)を改定しました。

主な改定点

  1. 放置船舶等の受入施設(係留保管施設)の整備予定数をエリア毎に更新しました(別図(PDF:317KB)参照)。
  2. 河川区域における係留保管施設の整備目途を「平成32年度まで」に更新しました。

「東京都船舶の係留保管適正化計画」の本文は、東京都ホームページでご覧いただけます。
「東京都船舶の係留保管適正化計画」の本文(PDF:102KB)

呑川の写真1

適正化前(呑川)

呑川の写真2

適正化後(呑川)

問い合わせ先
建設局河川部指導調整課
電話 03-5320-5239
港湾局港湾経営部経営課
電話 03-5320-5552

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.