ここから本文です。

報道発表資料  2019年03月20日  生活文化局

平成30年度版 消費者教育教材ができました!

東京都消費生活総合センターでは、消費生活に必要な知識をわかりやすく学ぶために、DVD及びWeb教材を作成しています。
このたび、平成30年度版の消費者教育教材が完成しました。学校での授業、地域での学習会などに、ぜひご活用ください。

DVD教材【高齢者・見守りの方向け】

慣れと油断は事故のもと! 製品事故から身を守るために

ちょっとした不注意や誤使用が製品事故につながります。高齢者の事故が多く発生している事故事例等を取り上げながら、製品事故を防ぐためのポイントを伝えます。

  • 事例
    電気ストーブによる火災・電動車いすの脱輪・電子レンジ内の発火等
  • 監修
    弁護士 升田純
    独立行政法人製品評価技術基盤機構 製品安全センター
  • 出演
    渡辺裕之
  • ナレーション
    キートン山田

DVD教材のイメージ画像

ホームページから、動画を御覧いただけます。

QRコードの画像1

Web教材【高校生向け】

もしも未来が見えたなら いつかクレジットカードを使う日に

Webによる疑似体験を通じてクレジットカードの仕組みなどを学び、高校卒業後の実生活にも役立つ教材です。「成年年齢引下げを踏まえた消費者教育」で役立つ内容を掲載し、授業で使いやすい教材を作成しました。

<ポイント>

  1. 契約の重要性や消費者保護の仕組みが学習できる(成年年齢引下げに対応)
  2. 授業展開例を多数掲載(アクティブ・ラーニングに対応)
  3. 寸劇台本など授業で使える付録教材を掲載
  4. タブレット端末で利用可能

ウェブ教材のイメージ画像

ホームページから、教材を御覧いただけます。

QRコードの画像2

詳しくは「東京くらしWEB」をご覧ください。

QRコードの画像3

「2020年に向けた実行プラン」事業
本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「セーフ シティ 政策の柱5 まちの安心・安全の確保」

問い合わせ先
東京都消費生活総合センター活動推進課
電話 03-3235-1157

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.