ここから本文です。

報道発表資料  2019年03月11日  産業労働局

地域版第4次産業革命推進プロジェクト事業
品川区・青梅市の事業計画を承認しました

東京都では、今年度より、都内区市町村が実施する先端技術(IoT、AI、ビッグデータ等)を活用した地域における実証実験を行う事業を開始しました。
この度、品川区及び青梅市の事業計画を承認しましたのでお知らせします。平成31年度から2年間にわたり助成を行うとともに、アドバイザーの派遣等により伴走的な支援を実施していきます。

計画の内容(品川区)

申請自治体

品川区

事業計画名

品川区AI・IoT活用イノベーション創出支援事業

計画期間

平成31年度から平成32年度まで

事業概要

目的

五反田バレーに集積する情報通信事業者等のAIやIoT等の情報通信技術を活用して、新たな製品やサービスの開発等のイノベーションを創出し、区内産業の振興及び地域の課題解決につなげる。

内容

  • 区が設定した3つのテーマ(商店街振興、製造業の生産性向上、防災等)に対して、一般公募を行い、区内中小情報通信事業者等が事業提案を実施。それぞれのテーマに対して1案件を選定。
  • 新たな製品・サービスの開発に要する経費や実証実験実施に要する経費等を助成(2年間総額上限2千万円)
  • 実証実験の支援(庁内・地域団体との連絡調整等)や各分野の専門家による伴走型支援を実施。

事業概要のイメージ画像1

 

計画の内容(青梅市)

申請自治体

青梅市

事業計画名

AIチャットボットによるリサイクル推進事業

計画期間

平成31年度から平成32年度まで

事業概要

目的

スマートフォン・PCからアクセスできる“使いやすく”“理解しやすい”ごみ分別AIチャットボットを開発することで、住民サービスを向上しながらリサイクルを推進するとともに、他分野への応用を目指す。

内容

  • 既存のQ&A等を活用しAIチャットボット(プロトタイプ)を開発するとともに、市民へのごみ分別に関する認知・理解度調査やごみ収集事業者への実態調査、プロトタイプの実証実験結果等をふまえ、プロトタイプの改良・高度化を行う。
  • チャットボットの利用件数を確保するため、QRコード等を活用した周知や、住民に対して広報・PRを実施する。
  • 市民へのサービス向上のさらなる高度化を目指し、他分野も含めたAI総合窓口の創出に向けて検討を進める。

事業概要のイメージ画像2

地域版第4次産業革命推進プロジェクトの概要

  • 地域産業の振興や地域課題の解決のため、都内区市町村が実施する、先端技術(IoT、AI、ビッグデータ等)を活用した地域における実証実験を行う事業について、事業計画を承認の上、補助金を交付します。(事業期間:最大2年度 補助上限額:5千万円/年度 補助率:2分の1以内)
  • 採択された自治体に対してアドバイザーを派遣し、事業の進捗や課題等について確認を行うとともに、適宜技術面や法律面等のアドバイスを行うなど、伴走的な支援を行います。

「2020年に向けた実行プラン」事業
本件は、「2020年に向けた実行プラン」における、以下の都市戦略・政策方針に係る事業です。
スマート シティ 政策の柱4 国際金融・経済都市

問い合わせ先
産業労働局商工部地域産業振興課
電話 03-5320-4748

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.