ここから本文です。

報道発表資料  2019年03月07日  産業労働局

国際医療機器技術・部品展「COMPAMED 2019」東京パビリオン出展企業の募集について

東京都は、ドイツ・デュッセルドルフで開催される国際医療機器技術・部品展「COMPAMED2019」への出展を希望する都内中小企業の募集を開始します。
展示会には「東京パビリオン」を設置し、都として一体的なPRを行います。また、出展企業には、あらかじめ海外ビジネスに必要な知識やノウハウ等の習得をサポートするとともに、現地企業等との商談会の設定や今後のネットワークの構築に向けた支援を行います。
これにより、今後成長が見込まれる医療関連機器産業において、高い技術や製品を持つ都内中小企業の海外展開を促進します。

COMPAMED2019の概要

  • 名称
    COMPAMED 2019
  • 日時
    2019年11月18日(月曜日)~21日(木曜日)/4日間
  • 会場
    デュッセルドルフ見本市会場 ホール8a及び8b
  • 主催
    Messe Duesseldorf GmbH
  • 対象
    部品/モジュール/ドライブ・システム/チューブ/フィルター/ポンプ/バルブ/医療機器向け製造・加工技術及び装置/原材料/接着剤/洗浄・加工/試験システム/包装/その他関連サービス
  • 来場者数
    20,000人(2018年実績)
  • ホームページ(外部サイトへリンク)

QRコードの画像1

  • 同時開催見本市
    国際医療機器展「MEDICA」(世界最大の医療機器展示会)

1 募集企業数

10社以内
選定委員会で審査(面接審査及び総合審査)を行い、選定します。

2 応募資格

以下1.~3.の条件をすべて満たす者

  1. 東京都内に登記簿上の本店又は支店を有する中小企業(いわゆる「みなし大企業」は除く。)
  2. 自社製品又は技術を活用したもので、それらが本展示会に適したものであること。
  3. 医療関連機器産業への参入・海外展開を目指しており、それに向けた強い意欲と具体的な事業計画を有していること。

3 出展企業への支援内容

出展にかかる負担の軽減

小間料、東京パビリオンの設置、商談通訳の配置など出展にかかる基本的な費用を、東京都が負担します。

ビジネススキル・ノウハウ等の提供

出展前に海外バイヤー等との商談等に必要となる、ビジネススキル・ノウハウ等の習得するためのプログラムを実施する予定です。

技術支援の提供

事前の準備段階より、技術的側面からサポートを実施し、専門機関による相談対応のほか、出展物の評価・試験等の支援を行います。

現地企業等との商談会の設定

展示会において現地企業等との商談機会を提供します。各企業の特性・要望に応じて、事前にマッチングを行うことにより、実りある商談が可能です。

現地公的機関や現地ローカル企業等とのネットワークの構築

現地の公的機関や企業、クラスター、研究機関等との連携や交流の機会を設定します。

4 募集期間

平成31年3月7日(木曜日)から4月11日(木曜日)まで【必着】
※申込方法、申込先等の募集の詳細については産業労働局商工部ホームページより募集要項をご参照ください。

QRコードの画像2

※本事業は、平成31年度歳入歳出予算が東京都議会で可決された場合に確定します。

「2020年に向けた実行プラン」事業
本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「スマート シティ 政策の柱4 国際金融・経済都市」

問い合わせ先
産業労働局商工部経営支援課
電話 03-5320-4798

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.