トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成31年 令和元年(2019年) > 2月 > 都立木場公園多面的活用プロジェクト 事業者を決定

ここから本文です。

報道発表資料  2019年02月28日  建設局

都立木場公園多面的活用プロジェクト 事業者の決定について

都は、公園に求められる多様なニーズに対応していくため、都立公園の「多面的な活用」を進めています。多面的な活用の更なる推進として、木場公園において、事業者を公募しました。
この事業は、収益エリアに設置する飲食店を核とし、周辺区域を創意工夫エリアとして一体的に活用した取組を行うことで、多様な来園者を惹きつける場を創出する、都立公園で初めての取組です。
この度、外部委員による審査の結果、事業者を決定しましたのでお知らせします。

事業イメージ

事業のイメージ画像

1 決定事業者

株式会社東急コミュニティー
東京都世田谷区用賀四丁目10番1号

2 事業対象区域

木場公園ふれあい広場

対象区域の地図

3 提案の概要

飲食店

  • 産地直送の朝採旬菜を使用したメニューを提供するレストラン&カフェ(セルフサービス型)
  • 都内有名店のシェフと連携するなど、様々な公園利用者のニーズに応えられるメニューを開発、提供
  • 木場の歴史を継承する木造建築の店舗で、公園の緑と屋上農園とが連続する緑の景観を創出
飲食店のイメージ
飲食店のイメージ画像1
外観

 

飲食店のイメージ画像2 飲食店のイメージ画像3
内観 モーニングセット

その他の取組

  • グループ企業の活用や地域の企業との連携により、木育講座や星空観察会等、様々な取組を実施
  • 避難場所に指定されている公園内の施設として、発災時には避難者や帰宅困難者等を支援
  • 屋上農園や江東区外にある農園での収穫体験を提供し、自然との共存や食育への興味、関心を喚起
取組のイメージ
取組のイメージ画像1 取組のイメージ画像2 取組のイメージ画像3
もくラボ(木育講座) 星空観察会

4 事業者の審査

学識経験者等の外部委員からなる審査委員会にて、1)基本方針、2)企画提案の内容、3)実施体制の3つの評価項目から審査(提案事業者数:2者)

5 今後の予定

都と株式会社東急コミュニティーの間で基本協定を締結し、事業内容の協議等を行い、2020年6月までの開業を目指します。

「2020年に向けた実行プラン」事業
本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「スマート シティ 政策の柱6 多様な機能を集積したまちづくり」
政策展開3 東京のポテンシャルを最大限に引き出す開発プロジェクト等の推進

問い合わせ先
建設局公園緑地部公園課
電話 03-5320-5168

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.