トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成31年 令和元年(2019年) > 2月 > ビッグデータを活用した観光行動分析セミナーを開催

ここから本文です。

報道発表資料  2019年02月22日  産業労働局

ビッグデータを活用した観光行動分析セミナーの開催について

近年、SNS、GPSによる位置測位などの普及により、多様なデータを蓄積することが容易となっています。東京都では、これらのビッグデータから、都内旅行者の行動の特徴や多様な消費行動に関する情報の収集・分析を行っています。
このたび、宿泊・飲食・小売などの観光関連事業者や自治体・観光協会の皆様を対象に、ビッグデータから分かる外国人旅行者の行動の傾向・トレンド等を紹介するセミナーを開催します。

開催概要

日時

平成31年3月20日(水曜日) 15時00分~17時00分 (受付開始14時30分)

会場

JR品川イーストビル20階 Hall A~D (港区港南2-18-1)

定員

100名(都内観光関連事業者・自治体・観光協会職員等を対象、入場無料、要事前申込)

プログラム

15時10分~15時30分 インバウンドのトレンドと、データから分かる意外な気づき

  • 講師
    吉田泰博(PwCコンサルティング ストラテジーコンサルティング ディレクター)
    国土交通省、観光庁ほか、多数の観光振興プロジェクトへの参画実績と、戦略立案から観光関連事業者のヒアリング・課題抽出まで幅広く対応した豊富な経験を持つ。

15時30分~16時00分 旅行者の消費をいかにして体験に変え、次の集客に結びつけるか

  • 講師
    滝邦彦(株式会社ブレインズワーク・アソシエイツ 代表取締役社長)
    地域開発・大規模商業施設の企画立案・プロデュースのコンサルティング実績が豊富。開業戦略から開業後の施設活性化まで、顧客固定化を継続するノウハウを持つ。

16時10分~16時50分 ビッグデータから分かる地域の特性と、観光あるある仮説の検証

  • 講師
    織田稔之(株式会社日立製作所 AIビジネス推進部 上級コンサルタント)
    金融・産業・公共問わず、人工知能・データ活用プロジェクトへの参画実績を有する。デジタルマーケティングの視点で、経営支援から施策実行支援まで幅広い実践経験を持つ。

申込方法

ホームページ(外部サイトへリンク)からお申込みください。(先着順で受付)
※本事業は(株)日立製作所が東京都からの受託により実施しています。

QRコードの画像

「2020年に向けた実行プラン」事業】
本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「スマート シティ 政策の柱7 世界に開かれた国際・観光都市」

問い合わせ先
産業労働局観光部受入環境課
電話 03-5320-4802

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.