トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成31年(2019年) > 2月 > 環状第2号線(豊洲~築地)暫定開通による効果

ここから本文です。

報道発表資料  2019年02月14日  建設局

環状第2号線(豊洲~築地)暫定開通による効果
開通約1ヶ月後の利用状況

東京都が整備を進めている東京都市計画道路環状第2号線のうち、豊洲から築地までの約2.8キロメートルの区間を平成30年11月4日(日曜日)に交通開放しました。
これにより、所要時間が短縮されるなど、下記のようなストック効果【注】が得られましたので、お知らせします。

【注】ストック効果:整備された社会資本が機能することによって、継続的に中長期にわたり得られる効果

開通後の主な効果(別紙1、2(PDF:1,622KB)参照)

臨海部と都心部のアクセス性が向上!

  • 豊洲から新橋までの平均所要時間が、約15分から約12分に短縮されました。
  • 新橋から豊洲までの平均所要時間が、約22分から約11分に短縮されました。

周辺道路の交通量が減少!

  • 開通区間と並行する晴海通りと有明通りの交通量が約1割減少しました。

地域の住民や道路利用者の方々が整備効果を実感!

  • 目的地への移動時間の短縮や、自動車の混雑緩和などの効果を多くの方が実感しています。
  • 晴海通りの渋滞緩和により、バスの遅延や、タクシー・営業車などの走行時間が減少しています。

「2020年に向けた実行プラン」事業
本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「スマート シティ 政策の柱5 交通・物流ネットワークの形成」

問い合わせ先
建設局道路建設部街路課
電話 03-5320-7942
建設局第一建設事務所環二工事課
電話 03-3542-0718

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.