トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成31年(2019年) > 2月 > 被災地支援健康体操教室「歩く人。」を開催

ここから本文です。

報道発表資料  2019年02月12日  オリンピック・パラリンピック準備局, 一般社団法人日本アスリート会議

パワーアップジャパン from Tokyo被災地支援事業(アスリート派遣事業)
エコノミークラス症候群対策事業
被災地支援健康体操教室「歩く人。」

平成30年6月29日にお知らせしました「スポーツを通じた被災地支援事業」である「アスリート派遣事業」として、「エコノミークラス症候群対策事業(岩手)」を以下のとおり実施するのでお知らせします。
本事業は東日本大震災に被災され、日常における運動活動が困難になっている方々に「歩く人。」プログラムを通じ、歩くことの基本を知っていただき、自分から進んで運動するきっかけを作っていただくことを目的に実施しています。

事業概要

1 主催

東京都、一般社団法人日本アスリート会議

2 共催

久慈市教育委員会、洋野町総合型地域スポーツクラブ「洋野スポーツクラブ」、岩手大学スポーツユニオン

3 期日

平成31年2月21日(木曜日)・22日(金曜日)

4 会場

  • 久慈市民体育館(久慈市新中の橋4-13-3)
  • 種市体育館(洋野町種市23-27)

5 内容

正しく歩いて健康を維持する「健康ウォーキングプログラム」を楽しく学ぶ教室(「歩く人。」)

6 指導

一般社団法人 OVAL HEART JAPAN(代表理事:大西一平氏)

7 対象者

久慈市及び洋野町に在住の方

8 日程

  • 2月21日(木曜日)※実施30分前に開場
    10時00分~12時00分 「歩く人。」実施 会場:久慈市民体育館
    13時30分~15時30分 「歩く人。」実施 会場:久慈市民体育館
  • 2月22日(金曜日)※実施30分前に開場
    10時00分~12時00分 「歩く人。」実施 会場:種市体育館

「2020年に向けた実行プラン」事業
本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「ダイバーシティ 政策の柱8 誰もがスポーツに親しめる社会」

本件は、「ホストシティTokyoプロジェクト」に係る事業です。
「カテゴリー:復興・防災 プロジェクト名:被災地支援・復興の発信」

問い合わせ先
オリンピック・パラリンピック準備局スポーツ推進部事業推進課
電話 03-5388-2198
一般社団法人日本アスリート会議
電話 06-6292-5055
岩手大学スポーツユニオン
電話 090-8923-9816

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.