ここから本文です。

報道発表資料  2019年02月01日  政策企画局

東京金融賞 受賞事業者が決定しました!

東京都は、平成29年11月に公表した「国際金融都市・東京」構想の取組の1つとして、都民のニーズや課題の解決に資する画期的な金融商品・サービスの開発・提供を行う金融事業者に加え、ESG投資【注1】の普及を実践する金融事業者を表彰する「東京金融賞」を実施しています。
このたび、受賞事業者が決定しましたので、お知らせします。

【注1】ESG投資の頭文字は、E(環境、Environment)、S(社会、Social)、G(企業統治・ガバナンス、Governance)をそれぞれ意味し、地球温暖化対策や女性の活躍、社外取締役の選任などに積極的に取り組む企業の姿勢を投資判断に活用する投資手法

1 受賞事業者

都民ニーズ解決部門

順位 企業名 応募テーマ 提案の概要
1位 株式会社justInCase 【保険】
保険金請求の手続きが煩わしい
  • 少額のスマホ保険等を提供し、保険申込から保険金請求までをアプリ内で完結させるサービスを実現。
  • 一日ケガ保険(熱中症特約等)は商品開発済であり、保険金請求についてはアプリのチャットボット経由で90秒以内の完了を目指す。
  • 今後は、各事業者等と連携し対応可能な保険商品等を拡大。
2位 TORANOTEC株式会社 【資産運用】
少額から資産運用できるサービス・商品が少ない
  • クレジットカードや電子マネー等から日々の買い物のデータを集積し、おつり相当額を5円から自動的に投資できる「おつりで投資」サービスを提供。
  • 加えて、おつり投入ボックスを都内に設置し、小銭を投入するだけで投資ができる「リアルおつり投資」の提供を新たに実施する予定。
  • さらに今後は「お買い物と同時にレジで投資」のサービスを実現し、あらゆるところで気軽に投資ができるサービスの構築を目指す。
3位 グローリー株式会社 【出入金】
店舗での本人確認等の手続きが煩わしい
  • オンライン上で「顔」と「声」による本人確認を行う「本人認証プラットフォーム」を開発し、実用化・商用化を目指す。
  • これにより複数の金融機関(銀行、証券、保険、クレジットカード等)への変更手続きを一括処理。
  • さらに、同プラットフォームを活用した、店舗での「手ぶら決済」の提供を目指す。

ESG投資部門

企業名 主なESG投資の普及活動
Neuberger Berman East Asia LTD.
  • 80年近くに及ぶESG投資の実績。
  • ESGエンゲージメントの対象になりにくい未公開企業、株式・債券の運用において幅広くエンゲージメントを実施。
  • PRI【注2】(責任投資原則)や米国サステナビリティ会計基準審議会との連携など、ESG投資の普及と透明性の向上に尽力。
Robeco Japan Company LTD.
  • グループ会社のRobecoSAMは、世界4,600社以上のサステナビリティ評価を毎年実施するとともに、米国S&Pダウ・ジョーンズ・インデックス社と提携し、ESG投資の指標として世界的に有名な「ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックス」を開発。
  • アクティブ・オーナーシップ・チームによる、運用チームやRobecoSAMのリサーチチームと連携したエンゲージメントと議決権行使。
SOMPOホールディングス株式会社
  • 東南アジアにおける「天候インデックス保険」や、地方自治体向けの「防災・減災費用保険」の提供といったESG関連保険のユニークさ。
  • 気候変動や環境などに係る国際会議への参画等を通じ、ESG投資の普及に資する活動を実施。
三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社
  • 東証一部上場企業の時価総額カバー率90%のエンゲージメントを達成。
  • 海洋汚染・プラスティック問題に関するエンゲージメントに注力し、生物多様性ファンドの商品も提供。

2 審査委員

  都民ニーズ解決部門 ESG投資部門
審査委員長 細溝清史
公益財団法人金融情報システムセンター理事長
審査委員 大江加代
株式会社オフィス・リベルタス取締役・ファイナンシャルプランナー
内山朋規
首都大学東京教授
荒井勝
特定非営利活動法人
日本サステナブル投資フォーラム会長
仮屋薗聡一
一般社団法人
日本ベンチャーキャピタル協会会長
加藤康之
京都大学経営管理大学院特定教授
首都大学東京特任教授
増島雅和
森・濱田松本法律事務所
パートナー弁護士
Fiona Reynolds
PRI【注2】(責任投資原則)CEO

【注2】PRIとは、2006年に国際連合のコフィー・アナン事務総長が提唱した持続可能な社会の実現を目的とし、機関投資家等が環境、社会、ガバナンスの課題を投資の意思決定に組み込むことを提唱する原則であり、またその原則を普及する組織。

3 表彰式の開催

開催概要

  • 日時
    平成31年2月5日(火曜日)午後1時45分から午後4時6分まで(予定)
    ※開場は午後1時15分
  • 会場
    六本木ヒルズ森タワー 49階タワーホール 東京都港区六本木6-10-1

※表彰式への参加を希望される方は、下記東京金融賞専用ホームページから申し込みをお願いします。

4 東京金融賞専用ホームページ

東京金融賞専用ホームページ

「2020年に向けた実行プラン」事業
本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「スマート シティ 政策の柱4 国際金融・経済都市」

問い合わせ先
政策企画局調整部渉外課
電話 03-5388-2116
ファクス 03-5388-1211

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.