トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成31年(2019年) > 1月 > 福島県産CO2フリー水素の燃料電池自動車への充填等

ここから本文です。

報道発表資料  2019年01月31日  環境局

都内初!福島県産CO2フリー水素の燃料電池自動車への充填と都内PR走行の実施について

本日、東京都は、都内で初めて、福島県産CO2フリー水素を燃料電池自動車(FCV)に充填しました。また、本日から当該FCVによるPR走行を実施しますのでお知らせします。
本事業は、2020年における福島県産CO2フリー水素の利用に向けてPRすること等を目的として実施するものです。
使用する福島県産CO2フリー水素は、国立研究開発法人産業技術総合研究所福島再生可能エネルギー研究所において、太陽光発電によるエネルギーで水の電気分解により製造した水素です。
本日から開始するPR走行では、福島県産CO2フリー水素を充填したFCV(5台)が、観光スポットや名所、公園など、都内各地を1週間程度で走行し、その様子をSNS等で発信します。
今後、東京都は、国や関係団体と更に連携し、福島県産CO2フリー水素の使用を目指していきます。

  • 東京都、福島県、国立研究開発法人産業技術総合研究所、公益財団法人東京都環境公社は、福島県産CO2フリー水素の活用とそれを通じた福島県内の再生可能エネルギー導入の推進を目指して協定を締結しており、本事業は当該協定に基づき実施いたします。

1 充填について

(1) 日程

平成31年1月31日(木曜日)

(2) 場所

ニモヒス水素ステーション九段
(〒102-0075 東京都千代田区三番町6)

(3) 充填台数

FCV5台

2 PR走行について

PR走行では、福島県産CO2フリー水素をPRするために、走行車両の車体側面に以下の表示をしています。

車体の写真
PR走行を実施するFCV

PR走行の予定や都内各地での走行の様子は、以下ホームページ等をご覧ください。

  1. 環境局ホームページ
  2. 環境局twitter(外部サイトへリンク)
  3. 環境局facebook(外部サイトへリンク)

参考 出発式について

(1) 日程

平成31年1月31日(木曜日)

(2) 場所

ニモヒス水素ステーション九段

(3) 出発式出席者

東京都知事、福島県知事、国立研究開発法人産業技術総合研究所副理事長、公益財団法人東京都環境公社理事長

(4) 出発式次第

  • 東京都知事挨拶
  • 福島県知事挨拶
  • 国立研究開発法人産業技術総合研究所副理事長挨拶
  • FCVへの充填デモ(写真撮影)
  • PR走行用FCVステッカーの紹介(写真撮影)
  • FCVがPR走行へ出発

本件は、「ホストシティTokyoプロジェクト」に係る事業です。
「カテゴリー:環境 プロジェクト名:水素エネルギー利活用の促進」

「2020年に向けた実行プラン」事業
本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「スマート シティ 政策の柱1 スマートエネルギー都市」

問い合わせ先
環境局地球環境エネルギー部次世代エネルギー推進課
電話 03-5388-3421

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.