トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成31年(2019年) > 1月 > 岡田港船客待合所・津波避難施設の運用を開始

ここから本文です。

報道発表資料  2019年01月29日  港湾局

岡田港船客待合所・津波避難施設の運用を開始します!

港湾局では、大島町岡田港において「岡田港船客待合所・津波避難施設」を整備し、この度、運用を開始しますので、お知らせ致します。
この施設は、島の玄関口や地域のにぎわい拠点としての機能を有する船客待合所と、津波到達までに安全に港湾施設利用者を避難させる津波避難施設との合築形式で整備されています。

1 施設の概要

鉄筋コンクリート造
延べ床面積 2,472平方メートル

(1) 船客待合所〔1階~3階〕

  • 待合スペースの充足とバリアフリー化に対応
  • 売店(2階)、レストラン(3階)

(2) 津波避難施設〔4階(屋上)〕

  • 避難スペース(800平方メートル(4階))、防災倉庫(4階)

(3) その他

  • 大島町が地域住民の交流の場として「岡田港ふれあい交流スペース(2階)」を整備
岡田港の地図 整備施設の写真

2 津波の前提条件等

岡田港において予想される以下の津波を前提に、津波から避難できるよう整備

予想される津波 整備内容

<元禄型関東地震(震度6弱)を想定>
到達時間が最短の津波

  • 第一波到達時間
    地震発生から3分40秒
  • 浸水深
    0.6メートル
船客待合所・津波避難施設の出入り口に接続する通路(約290メートル)を、高さ4.0メートルで整備

<南海トラフ巨大地震(震度5強)を想定>
浸水深が最大の津波

  • 到達時間
    地震発生から30分
  • 浸水深
    5.4メートル
津波避難施設を、高さ12.9メートルで整備

 

避難のイメージ画像

3 運用開始日(予定)

平成31年2月7日(木曜日)
※:事情により運用開始が翌日以降となる場合があります。

「2020年に向けた実行プラン」事業
本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「セーフ シティ 政策の柱7 多摩・島しょ地域のまちづくり」

問い合わせ先
港湾局離島港湾部管理課
電話 03-5320-5653

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.