トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成30年(2018年) > 12月 > 母島再生可能エネルギー電力供給実証事業 協定を締結

ここから本文です。

報道発表資料  2018年12月21日  環境局

母島における再生可能エネルギー100%電力供給実証事業に関する協定の締結について

東京都、小笠原村及び東京電力パワーグリッド株式会社(以下「東電PG」という。)は、ゼロエミッションアイランドの実現に向けた取組の一環として、小笠原村母島において再生可能エネルギー100%での電力供給を行うための実証事業に関する協定を締結しましたのでお知らせします。

1 実証事業の概要

  • 東京都と小笠原村と東電PGの3者で連携し、母島に太陽光パネルと蓄電池等を設置し、1年のうち半年程度を視野に、太陽光発電のみでの電力供給を実施(実証は3年間を想定)
  • 太陽光パネル等の設置場所は、世界自然遺産区域外の圃場跡などの都有地・村有地等を候補とし、自然環境調査や専門家の意見等を踏まえて検討
  • 実証後は、太陽光発電による電力供給を継続するとともに、更なる再生可能エネルギーの拡大を目指す。

2 協定の締結

(1)協定の名称

小笠原村母島における再生可能エネルギー発電のみによる電力供給を行う実証事業に関する連携協定

(2)主な内容

実証事業の円滑な実施に向け、3者の役割や連携事項等を定める。

東京都と小笠原村の役割

  • 履行場所の選定に必要な現地調査や調整等への協力
  • 履行場所となる所有地の提供

東電PGの役割

  • 履行場所の選定、太陽光発電設備や蓄電池等の設置・保守・運用

3者の協力連携事項

  • 地域住民等への説明及び理解促進
  • 普及啓発及び成果の発信
  • 実証後の再生可能エネルギーの利用拡大に向けた検討
  • その他、実証事業に必要な調整

(3)締結日

平成30年12月21日(金曜日)

3 自然環境等への配慮

  • 小笠原の自然環境の専門家の意見を聞きながら、希少な動植物等に影響を及ぼすことがないように配慮
  • 今後行う自然環境調査を踏まえ、また景観にも配慮しながら事業案の適宜見直しを行うとともに、実施の可否を慎重に判断

4 今後の予定

  • 平成31年(2019年)1月から3年程度、自然環境調査や専門家への意見聴取などを行い、事業計画を検討
  • その後、太陽光パネル等の設置工事を行い、順調に進めば2022年度末に実証を開始

5 その他

東京都と東電PGは、都内島しょ地域における再生可能エネルギーの導入拡大に向けた協定を同日締結し、本事業の成果を活用した他島での再生可能エネルギーの導入拡大についても検討していく。

※別添 太陽光パネルほか設置候補地(PDF:410KB)

「2020年に向けた実行プラン」事業
本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「スマート シティ 政策の柱1 スマートエネルギー都市」

問い合わせ先
環境局地球環境エネルギー部次世代エネルギー推進課
電話 03-5320-7783

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.