トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成30年(2018年) > 11月 > 自転車用ヘルメット着用の呼びかけを実施

ここから本文です。

報道発表資料  2018年11月30日  青少年・治安対策本部

自転車用ヘルメット着用の呼びかけ

平成29年中に、都内において自転車事故で亡くなられた方の約8割が頭部損傷を主因としています。一方、18歳以上の都民の自転車乗用中のヘルメット着用率は約3%に留まっています。
そこで都では、大田区内において、同区内に所在する事業所等の協力も得ながら、自転車事故の多い12月に集中的に自転車乗用中のヘルメット着用を呼びかけ、区内在住・在勤者等の着用を促します。

1 自転車広告「ヴェロトレーラー」の走行

自転車にトレーラー型広告を連結した「ヴェロトレーラー」を活用し、区内在住・在勤者等への自転車乗用中のヘルメット着用を訴えます。

走行予定

  • 12月9日(日曜日)糀谷・羽田地域
  • 12月15日(土曜日)蒲田地域
  • 12月23日(日曜日)調布地域
  • 12月30日(日曜日)大森地域

※各地域2台、9時00分から17時00分まで(各地域は下記参照)

自転車広告の写真

2 区内の3商店街におけるサンプリングキャンペーン

各商店街の最寄りの駅前等も含め、自転車乗用中のヘルメットの着用を促すグッズを配布するとともに、自転車広告「ヴェロトレーラー」の押し歩きを行います。

実施予定

  • 12月16日(日曜日)蒲田西口商店街
  • 12月22日(土曜日)大岡山北口商店街
  • 12月29日(土曜日)大森銀座商店街

※各商店街11時00分から16時00分まで実施(地域は下記参照)

3 「シネマサンシャイン平和島」における映画スクリーンを活用した啓発動画の放映(平成30年12月21日から2週間)

自転車用ヘルメットについて、着用の必要性やデザインの多様性を理解していただくよう、新たに作成した啓発動画を放映します。(東京動画掲載予定)

動画のイメージ画像1 動画のイメージ画像2 動画のイメージ画像3 動画のイメージ画像4

4 コンビニエンスストアにおけるメディア広告(平成30年12月11日から4週間)

大田区内にあるすべてのファミリーマート(平成30年6月末現在106店舗)のレジ前液晶モニターを活用し、利用客に対して自転車乗用中のヘルメット着用を促します。

メディア広告のイメージ画像

5 インターネットバナー広告の活用(平成31年2月まで)

大田区在住者や所在する事業者を対象とした自転車乗用中のヘルメット着用を促すバナー広告を時事ドットコムや、マイナビニュース等に掲載します。

バナーのイメージ画像
バナーイメージ

6 その他

区内に所在するキヤノン株式会社、にじいろ保育園大岡山(ライクアカデミー株式会社)及び公益社団法人大田区シルバー人材センターと連携したヘルメット着用の取組を、ウェブサイト等を活用し発信します。

大田区(広報実施地域)

大田区の地図

「2020年に向けた実行プラン」事業
本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「スマート シティ 政策の柱5 交通・物流ネットワークの形成」

問い合わせ先
青少年・治安対策本部総合対策部交通安全課
電話 03-5388-3127

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.