ここから本文です。

報道発表資料  2018年11月29日  産業労働局

初の「東京都GAP」認証取得者が誕生!

東京都では、持続可能な東京農業の実現と東京2020大会における都内産農産物の活用に向けて、都内農業者のGAPの認証取得を促進するため、東京都GAP認証制度を平成30年度から開始しました。
このたび、第1回認証審査会を開催し、農業者や農業高校を含め7件を認証しましたので、お知らせします。
今後、1月と3月にも審査会を予定しており、認証取得者の情報を順次ホームページで紹介していきます。

1.認証取得者(7件)

  区市町村 申請者 認証品目
1 西東京市 矢ケ崎農園(矢ケ崎宏行) ルッコラ、コマツナ、シントリナ、カブ、パクチー
2 清瀬市 愛情野菜専業農家ヤマヨシ(小寺正明) ホウレンソウ、ミズナ、カブ、ニンジン
3 あきる野市 M・Farm株式会社(宮下豊彦) トマト(ミニトマト)
4 小平市 川里農園(川里章) エダマメ
5 府中市 東京都立農業高等学校 トマト
6 青梅市 関塚農園(関塚聰明) キイチゴ、キウイフルーツ、ブルーベリー
7 小平市 にごりや農園(小野幹雄) トマト、ナス、キュウリ、スイートコーン、エダマメ

2.東京都GAP認証制度の主な特徴

大会組織委員会の調達基準を満たし、東京農業の特徴を反映した認証制度

  1. 農作業の効率化や販売先からの信頼性の向上など、経営の改善に役立ちます。
  2. 東京2020大会への農産物の提供が可能になります。
  3. GAP指導員の資格を持つ職員が、農業者の申請から認証取得まできめ細かく支援します。
  4. 認証審査等を都が実施し、審査期間の短縮、費用を無償にするなど、取得に係る負担を軽減します。

3.都の農林水産部ホームページでご紹介!

東京都GAP認証取得者の生産品目などの認証情報について、農林水産部のホームページで紹介しています。
「東京都GAP」で検索

本事業は「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
スマート シティ 政策の柱4 国際金融・経済都市

問い合わせ先
産業労働局農林水産部食料安全課
電話 03-5320-4834

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.