トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成30年(2018年) > 11月 > 調布3・4・17号狛江仙川線 松原交差点改良事業に着手

ここから本文です。

報道発表資料  2018年11月08日  建設局

調布3・4・17号狛江仙川線(松原通り)の松原交差点の改良事業に着手します

本日(11月8日)、以下の路線について、国土交通省から都市計画事業の認可を取得し、事業を実施いたしますのでお知らせします。

松原交差点は、狛江市を縦断する都道の松原通りと狛江通りが交わり、車の通行が集中する交差点で、右折待ち車両等の影響により渋滞が発生しています。
このため、ピーク時には渋滞長が120メートル程となり、交差点を通過するのに多くの時間を要しています。
本事業は、交差点における交通の流れを円滑にすることや安全性の向上などを図るため、松原通りの交差点付近235メートルの区間において拡幅整備等を行うものです。
本交差点は、東京都が進めている渋滞対策事業「第3次交差点すいすいプラン」に位置づけております。

事業の概要

松原通りの道路幅員約12メートルの区間を16メートルに拡幅整備します。また、あわせて右折レーンの設置、歩道の整備を行います。

路線名

調布3・4・17号狛江仙川線

施行箇所

狛江市中和泉一丁目~同市和泉本町三丁目
※別添 案内図(PDF:248KB)

延長

235メートル

計画幅員

16メートル

事業期間

平成30年度~平成34年度(2022年度)

事業費

3億円

担当事務所

北多摩南部建設事務所

事業の効果

  1. 右折レーンの設置により、混在する左折直進車両と右折車両を分離し、交通渋滞の緩和を図ります。
  2. 歩道を整備し、快適で安全な歩行空間を創出します。
  3. 周辺地域と主要駅間を連絡する路線バスの定時性向上に寄与します。

「2020年に向けた実行プラン」事業
本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「スマート シティ 政策の柱5 交通・物流ネットワークの形成」
政策展開1 道路ネットワークの形成
「分野横断的な政策の展開 多摩・島しょの振興」
政策展開9 多摩の利便性を高め、活力を引き出す交通インフラの整備

問い合わせ先
建設局道路管理部安全施設課
電話 03-5320-5306
(本区間の道路づくりに関すること)
(工事)
北多摩南部建設事務所工事第二課
電話 042-330-1847
(補償)
北多摩南部建設事務所用地課
電話 042-330-1813

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.