ここから本文です。

報道発表資料  2018年11月05日  オリンピック・パラリンピック準備局, 一般社団法人日本アスリート会議

パワーアップジャパン from Tokyo 被災地支援事業(アスリート派遣事業)
相双(そうそう)大運動会 in Jヴィレッジ

平成30年6月29日にお知らせしました「スポーツを通じた被災地支援事業」である「アスリート派遣事業」として、「相双大運動会 in Jヴィレッジ」を以下のとおり実施するのでお知らせします。

事業概要

1 主催

東京都 一般社団法人日本アスリート会議

2 主管

福島大学地域スポーツ政策研究所ほか

3 共催

株式会社Jヴィレッジ

4 後援

福島県 福島県教育委員会、福島県スポーツ協会他(予定)

5 会場

ナショナルトレーニングセンター Jヴィレッジ(福島県双葉郡楢葉町山田岡美し森8)

6 期日

平成30年11月11日(日曜日)

7 日程

  • 9時00分~9時20分 受付
  • 9時30分~9時50分 開会式
  • 10時00分~12時00分 運動会実施(午前)
  • 13時00分~14時00分 運動会実施(午後)
  • 14時00分~14時30分 閉会式

8 アスリート

  • 秋本真吾
    福島県大熊町出身、2016年全日本マスターズ陸上競技選手権優勝(100メートルハードル)
秋元選手の写真
秋本選手
  • 渡邉拓馬
    福島県福島市出身、プロバスケットボール選手(トヨタアルバルク東京所属)

9 事業目的・内容

トップアスリートを招聘し、一緒にスポーツで汗を流すことで、相双地区の復興の後押し及び子供達の交流を図ることを目的に実施。今年再開されたJヴィレッジを活用し、アスリートによる「走り方レクチャー」や、徒競走・障害物リレー等を行い、相双地区の小学生に運動の機会と交流の場を創出する。

「2020年に向けた実行プラン」事業
本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「ダイバーシティ 政策の柱8 誰もがスポーツに親しめる社会」

本件は、「ホストシティTokyoプロジェクト」に係る事業です。
「カテゴリー:復興・防災 プロジェクト名:被災地支援・復興の発信」

問い合わせ先
オリンピック・パラリンピック準備局スポーツ推進部事業推進課
電話 03-5388-2198
一般社団法人日本アスリート会議
電話 06-6292-5055
福島大学蓮沼研究室
電話 024-548-8220

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.