トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成30年(2018年) > 10月 > 第12回都市農地保全自治体フォーラムを開催

ここから本文です。

報道発表資料  2018年10月25日  産業労働局

第12回 都市農地保全自治体フォーラムの開催
やすらぎと潤いの都市農業をめざして

都市農地(市街化区域内の農地)を持つ都内38市区町が連携する「都市農地保全推進自治体協議会」(会長:前川 燿男練馬区長)は、第12回都市農地保全自治体フォーラムを開催します。
都内には約4,030ヘクタールの都市農地があり、安全・安心な農産物を生産するほか、都市の環境保全や防災・教育などの多様な機能を担っています。本フォーラムでは、農業振興や農地保全に関する自治体の取組を紹介するとともに、フォーラム宣言と講演会を実施します。
また、会場に隣接する芝生広場では新鮮な農産物や加工品の販売も行います。多くの皆様のご来場をお待ちしています。

開催日

平成30年11月20日(火曜日)

会場

たましんRISURUホール(立川市市民会館)(以下参照)

申込

当日会場受付 入場無料 ※手話通訳があります

主催

都市農地保全推進自治体協議会(10特別区・26市・2町の38自治体)

共催

東京都

協賛

全国農業会議所、全国農業協同組合中央会、東京都農業会議、東京都農業協同組合中央会、全国都市農業振興協議会

開催内容

(1) フォーラム(会場:たましんRISURUホール(立川市市民会館)大ホール)

第1部

午後1時15分~午後2時15分
自治体取組紹介・フォーラム宣言など
市街化区域内農地をもつ都内38市区町が一丸となって、都市農地の保全を推進していくことを宣言します。

第2部

午後2時30分~午後4時00分
講演会

  • 講演1
    「新しい植木生産の取り組み『トピアリーの世界』」
    講演者:小林公成氏(農業者)
  • 講演2
    「遊休農地の活用について 大豆プロジェクト」
    講演者:鈴木豊氏(農業者)

(2) 農産物即売会

都内JAの協力により、新鮮な農産物や加工品の販売を行います。
※なくなり次第終了

  • 時間:午前11時30分~午後2時30分
  • 会場:立川市子ども未来センター前 芝生広場
農産物の写真1 農産物の写真2

都市農地保全推進自治体協議会

都市農地の減少という共通の課題を抱えている都内の基礎自治体が、連携して都市農地保全を図ることを目的としており、平成20年10月に発足しました。
都内の市街化区域内に農地のある38の自治体が会員となっています。
本協議会は、フォーラムを開催し、都市農地の重要性を広く都民に伝えて都市農地保全の機運を醸成するとともに、国に対し都市農地の保全を強く働きかけています。

構成自治体

昭島市 あきる野市 足立区 板橋区 稲城市 江戸川区 青梅市 大田区 葛飾区 清瀬市 国立市 小金井市 国分寺市 小平市 狛江市 杉並区 世田谷区 立川市 多摩市 調布市 中野区 西東京市 練馬区 八王子市 羽村市 東久留米市 東村山市 東大和市 日野市 日の出町 府中市 福生市 町田市 瑞穂町 三鷹市 武蔵野市 武蔵村山市 目黒区 以上 38自治体(50音順)

会場案内図

会場までの地図

たましんRISURUホール(立川市市民会館):東京都立川市錦町三丁目3番20号

たましんRISURUホール(立川市市民会館)への交通案内

  • JR中央線立川駅南口より 徒歩13分
  • JR南武線西国立駅より 徒歩7分
  • 多摩モノレール立川南駅より 立川南通りを直進 徒歩12分

※ご来場の際は電車やバスをご利用ください。

問い合わせ先
産業労働局農林水産部農業振興課
電話 03-5320-4835
都市農地保全推進自治体協議会事務局(練馬区都市農業担当部都市農業課)
電話 03-5984-1384

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.