トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成30年(2018年) > 10月 > 平成30年度 麻薬・覚醒剤乱用防止運動東京大会を開催

ここから本文です。

報道発表資料  2018年10月09日  福祉保健局

平成30年度「麻薬・覚醒剤乱用防止運動東京大会」の開催

東京都では、薬物乱用の根絶を図るために、全国一斉に実施している麻薬・覚醒剤乱用防止運動(10月1日から11月30日まで)の一環として、麻薬・覚醒剤乱用防止運動東京大会を開催します。
近年、覚醒剤・大麻などの乱用薬物の多様化、スマートフォン・SNSなどの普及により、薬物乱用の拡大、低年齢化が憂慮されています。
本大会では、麻薬・覚醒剤乱用防止功労者表彰式、薬物乱用防止ポスター・標語東京都選考入賞者表彰式、薬物乱用防止高校生会議(下記参照)の成果発表や、シンガーソングライター芸人のAMEMIYAさん、専門家と高校生によるトークセッション等を通じて、青少年及びその保護者世代に薬物乱用防止を強く訴えます。

ポスターの画像
麻薬・覚醒剤乱用防止運動ポスター

1 開催日時

平成30年11月25日(日曜日)午後1時00分から午後3時30分まで
※薬物乱用防止企画展示(パネル展示等)は、正午から午後4時00分まで

2 開催場所

東京都議会議事堂 都民ホール(東京都新宿区西新宿2-8-1)

3 応募方法

受付は先着順とし、定員になり次第、締め切ります。

募集人数

200名(入場無料)

募集期間

平成30年10月9日(火曜日)から11月20日(火曜日)正午まで

応募方法

参加申込用ホームページ又は電話によりお申込みください。

応募先

麻薬・覚醒剤乱用防止運動東京大会事務局
ホームページ(外部サイトへリンク)

QRコードの画像

電話 03-3515-6779

  • 受付時間
    午前10時00分から午後5時00分まで(土曜日・日曜日・祝日は除く。)

※車いす利用など、特別な配慮が必要な場合はその旨もお知らせください。

4 実施内容(予定)

式典
13時00分~13時15分
  1. 主催者・共催者・来賓紹介
  2. 厚生労働大臣挨拶(代読)
  3. 東京都福祉保健局長挨拶
表彰式
13時15分~13時45分
  1. 麻薬・覚醒剤乱用防止功労者表彰式
  2. 薬物乱用防止ポスター・標語東京都選考入賞者表彰式
  3. 薬物乱用防止高校生会議参加校表彰式
厚生労働省による講演
13時45分~13時55分
薬物乱用の現状と対策について
13時55分~14時05分 <休憩>
活動発表
14時05分~14時35分
薬物乱用防止高校生会議活動成果発表
催し物
14時35分~15時15分
AMEMIYAさんによるライブ
専門家とのトークセッション など
大会宣言
15時15分~15時30分
大会宣言(薬物乱用防止高校生会議参加生徒による宣言)

出演者

AMEMIYAさん

2010年からシンガーソングライター芸人として活動。代表ネタ「冷やし中華はじめました」や「○○はじめました」オリジナルソングが好評。

出演者の写真1

大宮宗一郎さん

臨床心理士、医学博士。都立高校等のスクールカウンセラーとして勤務するほか厚生労働省「薬物乱用防止啓発訪問事業」の講師等も務める。

出演者の写真2

加藤隆さん

特定非営利活動法人八王子ダルク代表理事(施設長)。東京都立多摩総合精神保健福祉センターの非常勤相談員等も務める。

出演者の写真3

5 主催団体等(予定)

主催

厚生労働省、東京都、東京都薬物乱用対策推進本部、東京都薬物乱用防止推進協議会

共催

警視庁

後援

公益財団法人麻薬・覚せい剤乱用防止センター

協賛

特別区長会、東京都市長会、東京都町村会

キャラクターの画像

参考 「薬物乱用防止高校生会議」とは

  • 高校生自らが薬物乱用を身近な問題としてとらえ、薬物の誘惑を排除できる能力を習得する機会を設けるとともに、学習した内容を広く同世代の仲間に発信していくことを目的として、平成11年度から毎年開催している取組です。
  • 会議に参加した高校生は、警視庁などでの校外学習、薬物依存症治療に携わる医師の講義聴講のほか、各自で情報収集等を行い薬物乱用について学習活動を行いました。
  • これら学習活動の成果は、本大会で発表するとともに、リーフレットにまとめ、都内の高校第1学年に配布しています。
問い合わせ先
福祉保健局健康安全部薬務課
電話 03-5320-4504

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.