ここから本文です。

報道発表資料  2018年10月04日  政策企画局

「危機管理会議2018」の開催について

このたび、新北市消防局の主催により「危機管理会議2018」を下記のとおり開催しますので、お知らせします。
この会議は、東京都が事務局を務める多都市間実務的協力事業「危機管理ネットワーク」の一環として開催されます。毎年ネットワーク参加都市が持ち回りで開催し、今回で通算16回目となります。
自然災害をはじめとする様々な危機管理に関し、各都市行政機関の危機管理専門家が集い、取組事例の紹介及び意見交換を実施することで、各都市の経験やノウハウ、情報を共有し、連携強化を図ります。

会議の様子の写真
危機管理会議2017(ソウル)

1 開催日

平成30年10月18日(木曜日)から19日(金曜日)まで

2 会場

新北市 シーザーパークホテル板橋 等

3 出席都市(予定)

ジャカルタ、クアラルンプール、マニラ、新北(開催都市)、ソウル、シンガポール、台北、東京(幹事都市)、ウランバートル、ブリュッセル(オブザーバー)

4 東京都からの出席者(予定)

政策企画局職員、総務局職員、東京消防庁職員、警視庁職員 計8名

5 テーマ

「防災能力の総合的向上」

6 主な内容

(1)各都市からの報告と意見交換

  • ア サブテーマ「危機管理に向け情報を最大限活用するためのビッグデータと分析の活用」、「行政による減災のための戦略・政策・取組」、「災害リスク管理の改善:災害リスク軽減のための官民連携の重要な役割」に基づき、各都市における最新の事例報告及び意見交換を行います。
  • イ 都からは、総務局総合防災部が「東京都の危機管理体制」、東京消防庁が「東京消防庁における震災対策」、警視庁が「大規模災害発生時におけるビッグデータ・AI活用に向けた取組」について報告を行います。

(2)視察

119緊急救助指揮センター等、危機管理関連施設の視察を行います。

参考

危機管理ネットワークとは

東京都が事務局を務める多都市間実務的協力事業の一つで、アジアを中心に14都市【注】が参加しています。自然災害をはじめ、大都市が直面する様々な危機に対して、各都市が持つ経験やノウハウを共有し、活用することで、危機管理能力の向上を図ることを目的とするものです。

【注】ネットワーク参加都市(14都市):バンコク、デリー、ハノイ、ジャカルタ、クアラルンプール、ロンドン、マニラ、新北、ソウル、シンガポール、台北、東京、ウランバートル、ヤンゴン

ネットワークの他の主な取組

  1. 人材育成
    各都市が主催する防災訓練や研修に相互に参加しています。
    例 東京都総合防災訓練への海外救助隊の参加、東京消防庁における「救助技術研修」、シンガポールにおける「都市における捜索・救助研修」等
  2. 危機管理ネットワーク連絡網による迅速な情報交換
    各都市の災害発生時等に、都市間で迅速に情報連絡を行う体制を構築し、活用を図っています。
問い合わせ先
政策企画局外務部事業課
電話 03-5388-2236

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.