トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成30年(2018年) > 9月 > オーディション商法 販売業者等に業務停止命令を実施

ここから本文です。

報道発表資料  2018年09月28日  生活文化局

オーディション商法でレッスン契約を勧誘していた訪問販売業者に業務停止命令、当該事業者の従業員に業務禁止命令

本日、東京都は「オーディション商法」【注】により、演技及び歌唱等のレッスンの受講契約を勧誘していた事業者に対し、特定商取引に関する法律に基づき、6か月の業務の一部停止を命じ、違反行為を是正するための措置を指示しました。また、事業者の従業員に対し、当該停止を命じた範囲の業務を新たに開始することの禁止を命じました。
※詳細は別添のとおり。

【注】ここでは、オーディション等をうたって呼び出した消費者に、オーディション後、突然、高額なレッスン受講契約等を勧誘する手口のことを「オーディション商法」と呼びます。

事業者の概要

事業者名

株式会社 GOing promotion

代表取締役

塚本康治

所在地

東京都新宿区新宿五丁目15番6号

設立

平成27年4月24日

業務内容

各種芸能タレント及びアーティストの養成

売上高

約9,881万円(平成29年4月~平成30年3月)

勧誘行為等の特徴

  1. オーディション募集サイトを通じて、映画キャストや主題歌のオーディションに応募した消費者、または、アルバイト募集サイトを通じて、エキストラのアルバイトに応募した消費者を面接のため電話で事務所に呼び出す。
  2. エキストラのアルバイトの面接で事務所に来訪した消費者に対しても、オーディションへの参加を強く勧める。
  3. オーディションに参加した消費者を後日事務所に呼び出し、「条件つきで合格にする。条件とはレッスンを受けることだ。」などと有料のレッスン契約を執拗に勧誘する。
  4. 消費者がお金はないなどの理由で契約を断っても、長時間勧誘を続け、また、金銭の借入れの意思のない消費者に借入れを勧めるなど、迷惑を覚えさせるような方法で勧誘する。

消費者の方へ

  • 無料のオーディションを気軽に受けたところ、高額なレッスン契約の勧誘を受けたという相談が多く寄せられています。必要のない契約を勧められた時は、きっぱりと断りましょう。
  • 同様のトラブルでお困りの方、事業者の対応に疑問を感じた方は、最寄りの消費生活センターにご相談ください。
    東京都消費生活総合センター 電話 03-3235-1155

※参考資料1 事例(PDF:194KB)
※参考資料2 消費者の皆様への情報提供(PDF:518KB)

詳しくは東京くらしWEBをご覧ください。

QRコードの画像

問い合わせ先
生活文化局消費生活部取引指導課
電話 03-5388-3074

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.