トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成30年(2018年) > 9月 > 八王子市長房地区まちづくりプロジェクト事業予定者決定

ここから本文です。

報道発表資料  2018年09月28日  都市整備局

「八王子市長房地区まちづくりプロジェクト」事業予定者を決定しました

東京都では、大規模都営団地である長房団地の建替えにより創出した用地を活用し、誰もが暮らしやすい生活の中心地の形成を図る「八王子市長房地区まちづくりプロジェクト」に取り組んでいます。
このたび、4つの民間企業グループから応募があり、外部有識者により構成される審査委員会において審査を行い、その結果を踏まえ、事業予定者を決定しましたのでお知らせします。

1 事業用地

八王子市長房町340番12ほか (面積 約3.1ヘクタール)

事業用地の位置図
位置図

2 事業の目的

本事業では、商業、医療、福祉等の生活支援機能を誘導することにより、周辺を含めた地域の身近な生活やコミュニティを支える、誰もが暮らしやすい生活の中心地の形成を図ることを目的としています。
※事業の詳細については都市整備局ホームページで閲覧できます。

3 選定方法

  1. 外部有識者により構成される「八王子市長房地区まちづくりプロジェクト審査委員会」を設置し、応募者からの提案を審査
  2. 審査結果を踏まえ、東京都が事業予定者・次点を決定

4 事業予定者と次点

(1)事業予定者(提案概要は下記のとおり)

  • グループ名
    きらり☆長房ローカル・ネットワーク
  • 構成員
    株式会社スーパーアルプス(代表企業)、株式会社三和設計、パシフィックコンサルタンツ株式会社、株式会社熊谷組

(2)次点

  • グループ名
    八王子長房NSCPJ
  • 構成員
    株式会社LIXILビバ(代表企業)、株式会社コモン・リンク
    株式会社塩浜工業、株式会社長谷工コーポレーション

八王子市長房地区まちづくりプロジェクト事業予定者選定結果(PDF:423KB)

5 事業予定者の提案概要

(1)コンセプト

  1. 「地域」の力を結集し、長房のまちを魅力的な楽しいまちに再生
  2. 「生活」に密着した、多世代が「安心」して健康に暮らせるまちを創出
  3. 「コミュニティ」のつながりにより、新しい長房の暮らしを持続的に実現

(2)主な提案内容

商業施設

  • スーパーマーケットを中核とし、ホームセンター、ドラッグストア等の日常生活をサポートする店舗で構成する2棟から成る施設
  • 地域ニーズを踏まえた商品展開を行い、宅配サービス等生活密着型のサービスを提供

医療・福祉施設

  • 地域ニーズに応じた診療科目や在宅療養支援機能を備えた診療所を設置
  • 高齢者のための相談窓口設置、訪問リハビリテーション、訪問看護ステーションの実施

交流スペース

  • 屋内外交流スペースにて、地域団体等と連携し地域活性化のためのイベント等を実施
  • 地域の日常の見守りや災害時の拠点としても活用

緑とオープンスペース

  • 歩道の拡幅や、遊歩道の整備等による歩行者ネットワークの創出
  • 既存樹木を利用した広場や、地域住民が利用できる菜園を配置

(3)施設の概要

  用途 延床面積
(容積率)
構造・階数
西敷地 商業、医療・福祉 約11,810.85平方メートル
(約84.42%)
鉄骨造 地下1階/地上2階
東敷地 商業 約9,179.25平方メートル
(約45.57%)
鉄骨造 地上1階
施設のイメージ画像1 施設のイメージ画像2
全体鳥かん図(イメージ) 外観図(イメージ)

※提案時の内容であり、今後の協議等により変更になることがあります。

(4)提案貸付料

月額 10,343,740円

6 今後の予定

  • 基本協定の締結 平成31年2月頃
  • 定期借地権設定契約及び建設工事の着工 平成31年(2019年)10月頃
  • 建設工事の完了 平成33年(2021年)2月頃

※今後の協議により変更となる場合があります。

「2020年に向けた実行プラン」事業
本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「セーフ シティ 政策の柱6 まちの元気創出」

問い合わせ先
都市整備局都営住宅経営部住宅整備課
電話 03-5320-5016

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.