トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成30年(2018年) > 9月 > 「Blockbuster TOKYO」選抜プログラム参加者決定

ここから本文です。

報道発表資料  2018年09月27日  政策企画局

創薬系ベンチャー育成支援事業
『Blockbuster TOKYO』選抜プログラム参加者決定!

東京都では、製薬企業、支援機関、投資家等が集積する東京の強みを活かし、今年度から新たに創薬系ベンチャーの育成支援を実施しています。この度、以下のとおり選抜プログラムの参加者が決定しましたのでお知らせします。

プログラム参加者 全21チームが決定!

※チーム名等の公表を希望しない場合にチーム名を任意に「匿名チーム(A)」「匿名チーム(B)」など表記しております。また、事業概要について公表を望まない場合には「非公表」と表記しております。

会社名又はチーム名 事業概要
株式会社Inner Resource ITを活用した創薬研究支援基盤技術
ExTherea エクソソームによる糖尿病性足潰瘍治療
慶應義塾内耳研究チーム(仮) 幹細胞技術とIoT/AI技術を活用した難聴の創薬研究
呼吸器医療ベンチャー 新たなiPS細胞分化誘導技術
TokioTHERA がん発症を防ぎ治癒に導く新規がん免疫療法の開発【Spread out to the world】
Neko Pharma(仮) 新規スキャフォールドライブラリの作製とバイスペシフィック抗体開発
HAYAI新薬創出プロジェクト 新規医薬品合成プラットフォーム及び創薬シーズ開発
株式会社FuturedMe 標的タンパク質分解によるケミカルノックダウン創薬基盤技術の開発
プラチナバイオ 新たな遺伝子編集技術の開発
株式会社ブレイゾン・セラピューティクス 脳内への薬剤デリバリーに関する画期的な技術開発
株式会社マイオリッジ iPS細胞由来心筋細胞を用いた再生医療や創薬試験における事業開発
Mimetas Japan株式会社 生体機能チップ(Organ-on-a-Chip)の開発及び創薬開発支援
株式会社メトセラ 線維芽細胞を用いた心不全向け再生医療等製品の開発
Univase 核酸医薬品の開発等に資する技術
リベロセラ株式会社 無細胞膜タンパク質調製技術及び非天然型アミノ酸導入技術を用いた革新的な創薬開発
臨床腫瘍免疫 がん免疫療法の開発及び効果予測診断法の開発
レジメンキット株式会社 世界初!用量調整が可能な静注キット製剤
株式会社レストアビジョン 視覚再生遺伝子治療薬の開発
株式会社RESVO 精神疾患関係体外診断キット開発技術
匿名チーム(A) 非公表
匿名チーム(B) 代謝医薬開発

※五十音順(匿名チームを除く)

「2020年に向けた実行プラン」事業
本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「スマート シティ 政策の柱4 国際金融・経済都市」

問い合わせ先
(事業全般に関すること)
政策企画局調整部渉外課
電話 03–5388–2176
(プログラムの内容に関すること)
Blockbuster TOKYO事務局(Beyond Next Ventuers株式会社内)
Eメール info(at)blockbuster.tokyo
※迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を変更しております。
お手数ですが、(at)を@に置き換えてご利用ください。

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.