ここから本文です。

報道発表資料  2018年09月27日  建設局, (公財)東京動物園協会

井の頭自然文化園 イベント情報
ヤマネコ祭特別企画「講演会」参加者募集!

井の頭自然文化園(園長 日橋一昭)では、平成30年10月27日(土曜日)、28日(日曜日)のヤマネコ祭2018の特別企画として、講演会を開催します。
当園は平成18年より環境省などが推進するツシマヤマネコの保護増殖事業に参画し、人工繁殖に取り組んでいます。今回の講演会では、日本獣医生命科学大学と共同で進めてきた人工繁殖技術の開発の成果報告と、井の頭自然文化園をはじめ韓国や台湾でのヤマネコ保全の取り組みについて紹介します。希少動物の保全に関心のある方々のご参加をお待ちしております。

ツシマヤマネコの写真 アムールヤマネコの写真
【ツシマヤマネコ】 【平成26年に人工繁殖に成功したアムールヤマネコ(右)】

1.日時

平成30年10月27日(土曜日) 13時30分~16時00分

2.場所

動物園(本園) 資料館2階

3.対象

高校生以上

4.定員

60名

5.参加費

無料(入園料も無料となります)

6.内容

講演1

「井の頭自然文化園が取り組むツシマヤマネコの保全」
唐沢瑞樹(井の頭自然文化園 飼育展示係)

講演2

東京動物園協会・日本獣医生命科学大学連携協定共同事業成果報告
「ヤマネコの人工繁殖に挑戦する!」
堀達也氏(日本獣医生命科学大学 教授)

要旨

井の頭自然文化園と日本獣医生命科学大学は、平成18年から共同でヤマネコの人工繁殖技術の開発に取り組んできました。そして平成26年にアムールヤマネコの発情と排卵を人工的に誘発して、人工授精を成功させることができました。この技術は絶滅の危機に瀕しているツシマヤマネコの保護増殖事業に貢献できると期待されています。今回の講演では、アムールヤマネコの繁殖に至るまでの経緯と、ツシマヤマネコへの応用の取り組みについて紹介します。

堀達也氏プロフィール

昭和43年2月、東京都生まれ。日本獣医畜産大学獣医学科卒業後、日本獣医生命科学大学獣医学部獣医学科助手、講師、准教授を経て、現在獣医臨床繁殖学研究室教授。博士(獣医学)。主な研究分野は、犬の繁殖生理に関する研究および犬や猫の人工繁殖技術に関する研究であり、最近では「犬胚の凍結保存」に関する研究でThe Journal of Veterinary Medical Scienceの2016年優秀論文賞を受賞した。共著に『動物臨床繁殖学』(朝倉書店)、『動物園動物管理学』(文永堂出版)、『伴侶動物治療指針Vol.6』(緑書房)、『犬と猫の治療ガイド2015』(インターズー)などがある。

7.託児サービス

本講演会の開催時間中、0歳~就学前までのお子様の託児サービスを実施します。ご希望の方は、講演会の参加応募メールに、託児を希望するお子様の年齢(講演会実施日現在)と人数を合わせて記入のうえ、ご連絡ください。料金は無料です。

※定員に限りがありますので、応募多数の場合は抽選となります。
なお、託児サービスについては外部に委託しての実施となります。

8.応募方法

Eメールで以下のとおりお申し込みください。
yamaneko2018(at)tokyo-zoo.net宛に、件名を「ヤマネコ講演会」とし、本文に参加希望者全員の氏名(ふりがな)・年齢、代表者の住所・氏名・電話番号を記入してお送りください。
お申込みの際は、(at)tokyo-zoo.netからのEメールを受信できるよう、迷惑メールフィルターやメールソフトを設定してください。特に携帯電話からお申し込みの方はご注意ください。
※迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を変更しております。お手数ですが、(at)を@に置き換えてご利用ください。

※お申込みの際ご提供いただいた個人情報は、当該イベントに関するご連絡のみに使用します。
また、データの保管や削除など、個人情報については厳重な管理をいたします。

9.締切

平成30年10月18日(木曜日)送信分まで有効
※応募者多数の場合は抽選とし、当落にかかわらずお知らせいたします。

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.