トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成30年(2018年) > 9月 > 明治の森高尾国定公園指定50周年記念シンポジウム開催

ここから本文です。

報道発表資料  2018年09月25日  環境局

明治の森高尾国定公園指定50周年記念シンポジウムの開催について

明治の森高尾国定公園が指定50周年を迎えたことを受けて、明治の森高尾国定公園指定50周年記念シンポジウムを下記のとおり開催しますので、お知らせします。

1 日時

平成30年10月27日(土曜日)10時00分から16時15分まで
(開場9時30分)

2 場所

東京都議会議事堂1階 都民ホール(入場無料)

3 主催

高尾地区自然公園管理運営協議会

4 参加申込方法

平成30年10月19日(金曜日)までに、申込みフォームまたはファクスよりお申込みください。

申込みフォームの場合

申込みフォーム(外部サイトへリンク)
申込内容に、次の参加を希望する区分を明記してください。
(ア)終日(イ)午前の部(ウ)午後の部

ファクスの場合

「明治の森高尾国定公園指定50周年記念シンポジウム参加希望」とお書きの上、1)氏名、2)住所、3)電話番号、4)ファクス番号、5)Eメールアドレス、6)参加希望区分((ア)終日、(イ)午前の部、(ウ)午後の部)を明記いただき、次のファクス番号(03-5388-1379)にお申込みください。
※応募者多数の場合は、抽選となります。抽選になった場合は、お申込みいただいた方全員に、結果をEメールまたはファクスで通知いたします。

5 プログラム

午前の部 10時00分から12時00分まで

(1)東京都レンジャーによる高尾ミニ講座

  • 高尾山の魅力やレンジャーの役割などを、クイズ等を用いて楽しく紹介します。

(2)特別講演「甦れ、ブッポウソウ」

中村浩志氏(信州大学名誉教授、一般財団法人中村浩志国際鳥類研究所代表理事)

  • 以前高尾山で見ることができたブッポウソウという絶滅の危機に瀕している野鳥を高尾山に呼ぶ戻すための復活のカギ等について講演します。

午後の部 13時00分から16時15分まで

基調講演

(1)「高尾山の自然」

池田清彦氏(早稲田大学名誉教授、TAKAO 599 MUSEUM名誉館長)

  • 高尾山の自然の豊かさについて地理的な特性等から解説するとともに、利用者増によるオーバーユースなど直面する課題等について講演します。
(2)「高尾山の歴史」

佐藤 秀仁氏(大本山高尾山薬王院 教務部長)

  • 高尾山の自然が保護されてきた歴史や天狗信仰の由来など、高尾山と高尾山薬王院の歴史について講演し、今日の高尾山を歴史から紐解きます。
(3)「高尾山の楽しみ方」

石丸 哲也氏(山岳ライター)

  • 奥高尾や裏高尾、高尾山から始まる長距離自然歩道など、高尾山だけではない高尾の魅力・楽しみ方を紹介します。

パネルディスカッション

「高尾山の魅力と新たな楽しみ方について」

パネリスト

  • 佐藤秀仁氏
  • 石丸哲也氏
  • 東京都レンジャー ほか

6 その他

都議会議事堂1階の都政ギャラリーにおいて、高尾山の自然や歴史等に関するパネル等を展示します。

問い合わせ先
環境局自然環境部緑環境課
電話 03-5388-3478

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.