ここから本文です。

報道発表資料  2018年09月25日  産業労働局, 第31回東京国際映画祭実行委員会

平成30年10月25日(木曜日)~11月3日(土曜日・祝日)
第31回東京国際映画祭 開催!

東京国際映画祭(TIFF)は、日本唯一の国際映画製作者連盟公認の映画祭であり、アジア最大級の映画の祭典です。東京都は、映画祭開催都市として第1回から本映画祭を支援しており、コンペティション部門を共催するとともに、最高賞である「東京グランプリ」作品に都知事賞を授与しています。
また、平成28年度から若い世代に向けた魅力的な作品を紹介するとともに、映画制作のワークショップを実施するユース部門についても共催しています。

映画祭のロゴ画像

第31回東京国際映画祭開催概要

開催期間

10月25日(木曜日)~11月3日(土曜日・祝日)

会場

六本木ヒルズ、EXシアター六本木(港区)、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場(千代田区)ほか

主催

公益財団法人ユニジャパン(第31回東京国際映画祭実行委員会)

共催

東京都(コンペティション部門、ユース部門)
経済産業省(TIFFプラス)【注】
国際交流基金アジアセンター(アジア映画交流事業)

【注】TIFFプラスとは、「観光×食」「ファッション」「音楽」「アニメ」「eスポーツ」「スポーツ」の6ジャンルの文化とコラボレーションし、東京国際映画祭にプラスする特別企画

コンペティション部門のノミネート作品が決定

今年のコンペティション部門ノミネート作品は16作品。このうち、日本からは2作品が選出され、世界中からの出品作品と「東京グランプリ」を競います。

『半世界』

  • 監督
    阪本順治
  • 出演
    稲垣吾郎/長谷川博己/池脇千鶴/渋川清彦

日本映画界を代表する監督・阪本順治が、稲垣吾郎主演で贈る完全オリジナルストーリー。40歳目前という年齢の男3人の視点を通じて、誰もが通るある地点の葛藤と、家族や友人との絆、希望を描くヒューマンドラマ。

作品の画像1
(C)2018「半世界」FILM PARTNERS

『愛がなんだ』

  • 監督
    今泉力哉
  • 出演
    岸井ゆきの/成田凌/深川麻衣

角田光代の小説「愛がなんだ」を、恋愛映画の旗手、今泉力哉監督が映画化。想いを寄せるマモルに人生のすべてを捧げるテルコ。完全なる一方通行の恋。「片思い」を徹底的に考察する、可笑しく切ないラブストーリー。

作品の画像2
(C)2019映画「愛がなんだ」製作委員会

オープニング作品・GALAスクリーニング作品・クロージング作品の上映が決定

オープニング作品『アリー/スター誕生』

  • 監督
    ブラッドリー・クーパー
  • 出演
    レディー・ガガ/ブラッドリー・クーパー

歌手を夢見るアリーは、世界的シンガーのジャクソンと出会う。才能を見いだされ瞬く間にスターダムを駆け上るアリー。激しい恋に落ちた2人だったが、全盛期を過ぎたジャクソンの栄光は徐々に陰り始めていて…。

作品の画像3
(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND
RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

GALAスクリーニング作品『人魚の眠る家』

  • 監督
    堤幸彦
  • 出演
    篠原涼子/西島秀俊/坂口健太郎

愛するわが子の悲劇に直面し、究極の選択を迫られた夫婦―それは愛か、欲望か?作家・東野圭吾のベストセラー小説を原作に、堤幸彦監督が挑む衝撃と感動のヒューマンミステリー。この愛の結末に涙が止まらない―。

※東京フィルムコミッション「東京ロケーションボックス」がロケを支援しました。

作品の画像4
(C)2018「人魚の眠る家」製作委員会

クロージング作品『GODZILLA 星を喰う者』

  • 監督
    静野孔文/瀬下寛之
  • 出演
    宮野真守/櫻井孝宏/花澤香菜

アニメーション映画『GODZILLA』がついに最終章を迎える。
三部作の最終章『星を喰う者』では、虚空の神〈ギドラ〉と破壊の王〈ゴジラ・アース〉がついに激突。主人公・ハルオが目にする未来とは―。

作品の画像5
(C)2018 TOHO CO., LTD.

ユース部門の上映イベントが決定

主な上映イベントの紹介

「山崎バニラの活弁大絵巻 in TIFFチルドレン」

声優としても活躍する活弁士・山崎バニラ氏による活弁ライブを開催します。活弁に、大正琴とピアノの弾き語りを織り交ぜたサイレント映画を是非ご覧下さい。

『ロイドの要心無用』

(1923年・アメリカ/73分)

作品の画像6
『大当り空の円タク』

(1932年・日本/11分)

作品の画像7

「TIFFティーンズ映画教室2018」作品上映会

特別企画として、昨年度に引き続き、中学生を対象とした映画制作のワークショップを夏期に開催しました。昨年のコンペティション部門で観客賞を受賞した『勝手にふるえてろ』の大九明子監督を特別講師に迎え、プロット作りから撮影・編集など全過程に取り組んだ映画は、会期中特別上映されます。

野外会場で特別無料上映を実施

毎年ご好評いただいております“入場無料”の野外上映を今年も実施します。今年は「スポーツ」をテーマに、映画を通してスポーツの楽しさ・感動を巨大スクリーンでお届けします。心地よい秋風を受けながら素敵な映画で熱いスポーツドラマをお楽しみ下さい。
※雨天・荒天の場合は、当日ホームページで中止を告知します。

Tower Light Cinema 『クリード チャンプを継ぐ男』

(2015年・アメリカ/133分)

  • 監督
    ライアン・クーグラー
  • 日時
    10月6日(土曜日)17時30分~
  • 会場
    都立芝公園 集会広場(23号地)
作品の画像8
(C)2015 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC.
AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT

Cinema Athletic 31

スポーツをテーマとした11作品を上映

  • 日程
    10月26日(金曜日)~11月3日(土曜日・祝日)
  • 会場
    六本木ヒルズアリーナ

詳細は、映画祭公式ホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

QRコードの画像
問い合わせ先
(東京都の映画祭支援に関すること)
産業労働局観光部
電話 03-5320-4786
(本映画祭に関すること)
第31回東京国際映画祭実行委員会(事務局)プロモーショングループ
電話 03-6226-3012

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.