トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成30年(2018年) > 9月 > 30年度 東京都花粉症対策検討委員会(第1回)検討結果

ここから本文です。

報道発表資料  2018年09月21日  福祉保健局

今春の飛散花粉数は昨春の約4.1倍
平成30年度東京都花粉症対策検討委員会(第1回)検討結果

東京都では、花粉症の予防や治療を適切に行うことができるよう、花粉飛散予測を実施するとともに、飛散花粉数の観測を行っています。
昨日、東京都花粉症対策検討委員会を開催し、今春の都内スギ・ヒノキ花粉飛散状況の解析及び予測との比較検証等を行いました。

  1. 花粉飛散状況等
    今春のスギ・ヒノキの飛散花粉数は、昨春の約4.1倍、過去10年平均の約2.4倍であった。
    ヒノキの飛散花粉数は全体の約5割を占め、ヒノキの過去10年平均の約5.9倍であった。一方、スギの飛散花粉数はスギの過去10年平均の約1.5倍であった。
  2. 予測との比較
    飛散花粉数は、都内12地点の全てで予測を上回った。
    飛散花粉数が「多い」【注1】以上の日数は、区部で予測より多く、多摩部ではほぼ予測どおりであった。

【注1】飛散花粉数の分類:「少ない:10個未満」、「やや多い:10~30個未満」、「多い:30~50個未満」、「非常に多い:50~100個未満」、「極めて多い:100個以上」
(1日に観測された花粉数 単位:個/平方センチメートル)

1 花粉飛散状況等

今春の飛散花粉数は、昨春の約4.1倍で過去10年平均の約2.4倍(図1)

飛散花粉数の平均は、13,260個/平方センチメートルであった。これは、昨春の約4.1倍、過去10年平均(平成20年~29年)の約2.4倍であった。

ヒノキの飛散花粉数が、全体の約5割(図2)

ヒノキの飛散花粉数の平均は6,550個/平方センチメートルであり、全体の約5割であった。
過去10年間において、ヒノキの飛散花粉数が全体に占める割合は約1割から約4割の範囲であり、平均すると約2割程度である。

飛散花粉数が「多い」以上の日は、昨春に比べ区部で9日、多摩部で14日多かった(図4)

飛散花粉数が「多い」以上に区分される30個/平方センチメートル以上飛散した日は、区部で47日となり昨春より9日多く、多摩部で41日となり昨春より14日多かった。

2 予測との比較

飛散花粉数は、予測の約2.1倍であった(図1、図3)

飛散花粉数の都全体の平均は、13,260個/平方センチメートル(昨春の約4.1倍)であり、予測の約2.1倍であった。
地域別で見ると、区部では、予測の約2.4倍、多摩部では、予測の約2.0倍の飛散数であった。
飛散花粉数が予測を上回った主な原因は、ヒノキの飛散花粉数が総飛散数の約5割を占めており、予測との誤差がヒノキ花粉によって大きくなったことであった。ヒノキが多く飛散した原因として、ヒノキ林の成長、気象条件及び前年の飛散花粉数が影響したと考えられる。

飛散花粉数が「多い」以上の日数は、区部は予測より多く、多摩部でほぼ予測どおり であった(図4)

飛散花粉数が「多い」以上に分類された日数は、予測では区部で39日、多摩部で42日程度としていたところ、実際は区部で47日、多摩部で41日となり、予測より区部で8日多く、多摩部では1日少なかった。

飛散開始日は、測定地点の半数で予測の範囲内であった(図5)

スギ花粉の飛散開始日【注2】は、区部の4地点及び多摩部の3地点で2月14日、それ以外の地点では2月15日~19日であった。
当初の予測と比べると、7地点が予測の範囲内での飛散開始となった。
【注2】飛散開始日:一観測地点で、1月以降に1平方センチメートルあたり1個以上のスギ花粉を原則として2日以上連続して観測した場合の最初の日(財団法人日本アレルギー協会 花粉情報標準化委員会の定義による)

図1~5

図1 飛散花粉数の経年変化と平成30年予測値との比較(都全体)

グラフの画像1

図2 飛散花粉数の経年変化(スギ・ヒノキ別)(都全体)

グラフの画像2

図3 平成30年春 飛散花粉数と予測値との比較(各地点)

グラフの画像3

図4 飛散花粉数が「多い」以上の日数の経年変化(地域ごとの平均)

グラフの画像4

図5 平成29、30年及び過去10年平均のスギ花粉飛散開始日

グラフの画像5

問い合わせ先
東京都健康安全研究センター企画調整部健康危機管理情報課
電話 03-3363-3487

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.