トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成30年(2018年) > 9月 > 平成29年度東京都指定管理者の管理運営状況評価結果

ここから本文です。

報道発表資料  2018年09月19日  総務局

平成29年度東京都指定管理者の管理運営状況評価結果の公表について

平成29年度の東京都指定管理者による公の施設の管理運営状況について、施設を所管する各局による評価結果がまとまりましたので、お知らせいたします。

1 評価の目的

本評価は、管理の履行状況、安全管理、法令遵守、サービスの利用状況、行政目的の達成といった観点から指定管理者の業務実施状況等について第三者の視点を含めた評価を行い、その結果を今後の施設管理運営に反映していくことで都民サービスの向上を図っていくことを目的としています。

2 評価の方法

毎年度、施設を所管する都の各局が、指定管理者が提出する履行確認書の確認・分析、利用者アンケート、ヒアリング、実地調査等を実施した上で一次評価を行います。
さらに、その結果をもとに、施設特性に応じて設置した過半数が外部委員により構成される評価委員会で行う二次評価を踏まえて各局が評価結果を決定し、公表するものです。(※評価の観点については、資料1(PDF:259KB)参照)

3 評価対象施設数

200施設
(※都営住宅等は1施設として扱っています。)

4 評価結果

評価区分S: 10施設 管理運営が優良であり、特筆すべき実績・成果
評価区分A+: 39施設 管理運営が良好であり、様々な点で優れた取組
評価区分A: 150施設 管理運営が良好
評価区分B: 1施設 管理運営の一部が良好でない

 

 

 

 

(※詳細は資料2(PDF:219KB)参照)

5 評価結果の活用

本評価は、指定管理者が改善すべき点、優れている点を認識し、日常サービスのチェックや改善に継続的に取り組んでいくことを促す取組です。今後とも評価の適正性・客観性を確保しつつ、評価結果を踏まえた適正な施設の管理運営を進め、都民サービスの向上に取り組んでいきます。

6 主な取組事例

  • 改修工事による休館中も東京都美術館等の他施設と連携した講座等を企画・実施し、学びの環境を提供した。また、ホームページに常設展示室内を360度パノラマで見られる機能を新設するなど施設の魅力を広く発信した。(東京都江戸東京博物館)
  • 入居者からの各種手続きを受け付ける「窓口センター」において、英語・中国語による申請書記入例の作成や多言語翻訳機の導入を行い、日本語が不自由な外国籍居住者でもスムーズに手続きできる環境を整えた。(都営住宅等)
  • 人気の庭園のライトアップ事業や外国語対応のイベントの新規展開等により過去最高の入場者数を記録。貴重木であるしだれ桜の樹木診断や土壌改良により花付きを回復させる等、保全活動にも積極的に取り組んだ。(東京都立六義園)

7 施設別の評価結果について

今回、評価を実施した各施設(200施設)の評価結果については、以下のホームページからご覧ください。

総務局行政改革推進部のホームページでも、各施設の一次評価・二次評価を含めた評価結果を局別にご覧いただけます。

問い合わせ先
(評価制度に関すること)
総務局行政改革推進部行政改革課
電話 03-5320-7912
(評価結果・評価内容に関すること)
各施設所管局所管課(各局の評価結果資料をご覧ください。)

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.